インターンシップ体験談 インターンシップ

体験談のご紹介

実際にインターンシップを経験した先輩たちの体験談ですので参考にしてください。
※学生の学年、企業名などは2016年12月現在のものです。
鈴木 力愛さん 工学部電気学科電気工学専攻 3年
  • 鈴木 力愛さん
2週間を通して、新人がまず身につけなければいけないことを教えていただきました。どこの会社でも自分からアクションを起こすことが大事だと教わりました。作業の中では、部品の使用方法や役割をしっかり理解しておくことが大切だと思いました。社会で使う専門知識の基礎には学校で習うものが多くあり、学校の勉強内容がとても大切だと感じました。
実習先

株式会社コーワメックス

実習内容

新製品開発(回路図、CADの設計)

動機

会社の雰囲気を知りたかった

目標

学校で学んだことを実際に会社で役立てられるのかの確認

学んだこと

会社で必要な人としての能力

野間 恒星さん 工学部電気学科電子情報工学専攻 3年
  • 野間 恒星さん
安全柵の設計業務を体験させていただき、どの製品を設計開発する際にも「安全」という課題がとても重要であることを実感できました。他大学の学生とのグループワークという形で実習をしたので、仕事を行ううえで「コミュニケーション能力」は欠かすことのできない能力であると感じました。「行動力・積極性」がある人を企業は求めているというお話が印象的でした。
実習先

株式会社ダイフク 滋賀事業所 eFA事業部

実習内容

安全柵の設計製作

動機

実際の企業で必要な能力、知識の確認を行いたいと思った

目標

必要な能力、知識の確認を行ったうえでの設計職に対する適性判断を行う

学んだこと

設計業務の一連の流れ、チームとして働くとはどのようなことか

天野 華子さん 工学部応用化学科応用化学専攻 3年
  • 天野 華子さん
設計・製造・営業と多岐にわたる業務をさせていただきました。そのため各仕事内容を明確に把握することができ、自分がどの部門に向いているかを知ることができました。また、ペン立てを設計から自分で考えて作ることで、ものづくりの一連の流れを体験して理解することができました。ものづくりでは部門ごとで高い専門的知識が要求されますが、今回の実習で「ものづくり」の世界にとても魅力を感じました。
実習先

株式会社鳥越樹脂工業(商品の開発・設計・製造)

実習内容

設計・製造・営業

動機

「社会人」のイメージを具体化させるため

目標

ものづくりの工程を学ぶ

学んだこと

ものづくりの楽しさ

浅野 捺子さん 工学部応用化学科バイオ環境化学専攻 3年
実際にイベントの企画から運営までを体験することができ、とても充実した10日間を過ごすことができました。どうすれば目的を達成できるか、自分たちの意図が人に伝わるにはどのようにしたらいいかを考え、それを実行することは難しいと感じました。今回のインターンシップで人に物事を伝えることがいかに大変なことなのかを学ぶことができ、今後の就職活動に役立つことや課題も多く見つかったため、インターンシップに参加してよかったと感じました。
実習先

豊田市青少年センター

実習内容

施設管理、受付業務、イベント企画・運営

動機

就職活動の意識を高めるため

目標

サービス業の仕事を知る

学んだこと

仕事におけるコミュニケーション能力の重要性

松永 裕希さん 工学部機械学科機械工学専攻 3年
  • 松永 裕希さん
製品の設計製作を通して設計の大変さと設計者の責任の重さが実感できました。設計図が完成するまでにはいくつもの解析、検証を経ますが、一つひとつの作業の大切さを感じました。また、設計には工学の様々な知識がいるということが分かり、学生である間にもう少し勉強しようと決心しました。
実習先

株式会社東郷製作所

実習内容

ホースクランプを題材に設計、解析、製作、検証

動機

将来、技術系の設計者になりたいと考えていて、インターンを利用して将来、技術系の仕事に就くにはどんな能力が必要なのかを知りたいと思った

目標

実際の技術者の設計を見たり体験したりして、将来の自分の職業について考える

学んだこと

製品設計において専門知識が必要不可欠であるということ

北村 遼太郎さん 工学部機械学科機械創造工学専攻 3年
  • 北村 遼太郎さん
私はインターンシップに参加して良かったと感じています。就職する前に実際に会社で社員と同じ目線で働くこと、社会に出る体験をしておくことで、これからの就職活動でのビジョンが立てやすいと感じたからです。困ったこととしては、自主的に行動する勇気が大事だと感じました。最初は、分からないことがあってもなかなか聞けずにいたのですが、勇気を出して質問をすれば嫌な顔せずに教えてくださいました。この機会で残りの学生生活をもう一度考え直し、有意義な時間にして、自分に自信を持って就職活動に繋げたいと考えるようになりました。
実習先

豊臣機工株式会社

実習内容

コンピュータ上でモデリングされたプレス金型を作るための機械で加工するためのNCデータ作成

動機

自分に不足している点、何が求められているのかを知ることでこれからの学生生活においての課題として取り組みたいと思った

目標

社会人として不足している点について把握すること

学んだこと

この機会で社会人としてのコミュニケーションが不足していることや、適切な話し方を自然にすることの疎さに気づくことができた。この改善点をこれから意識しながら行動し、克服に努めたいと思った。

前田 智法さん 工学部都市環境学科土木工学専攻 3年
  • 前田 智法さん
土木は大変な仕事が多いと思いますが、経験職なところがあり、慣れることが最初の大切なことであると知りました。質問や疑問にも快く答えていただける職場であったため、社員が働きやすい場所であると思いました。多くの企業や人が関わって成る仕事であり、施工業者や職人の方々、住民の方への思いやりが良い建設に繋がることが分かりました。そして、興味のある職に就くことが長続きの秘訣だと思いました。
実習先

川田建設株式会社

実習内容

橋梁建設現場と工場の見学、図面や測量の補助業務

動機

橋梁の建設について知りたい

目標

建設業で働く人としての意識を知る

学んだこと

明るい職場であることの大切さ

※2015年4月、都市環境学科から土木工学科に学科名称変更

丹羽 達也さん 工学部建築学科建築学専攻 3年
  • 丹羽 達也さん
木工場や技術研究所の見学では貴重な経験ができ、現場では施工や工務の仕事がどのようなものなのか、また現場で現物を見て基礎、柱壁梁配筋、コンクリート打設、内装等について学び触れ、建築の方はもちろん職人さんの話も聞けて、本当にたくさん勉強させていただきました。どんな企業であり、どのような気持ちを持った方が働いているのかも知ることができ、非常に有意義な時間になりました。
実習先

清水建設株式会社 名古屋支店(総合建設業)

実習内容

東京本社、技術研究所、木工場、現場見学

動機

施工管理志望で、キャンパスの工事も行っていて最も身近なスーパーゼネコンであったため

目標

清水建設の現場環境と仕事内容、およびそこで働く人達のこだわりややりがいを知ること

学んだこと

施工管理の仕事内容と大変さと面白さ、および清水建設の現場で働く人達の思い

脇田 優奈さん 工学部建築学科住居デザイン専攻 3年
  • 脇田 優奈さん
今回、実務を体験させていただける機会が多く、働くということをより実感することができました。そして仕事内容で分からないことを質問したり、自分の感じたことをプレゼンしたりする機会がたくさんあったので、人に分かりやすく自分の意見を話せるようになることが大切だと思いました。また、色々な部署の仕事を体験できたことで、それぞれの部署の楽しさや厳しさを知ることができました。
実習先

中尾建設工業株式会社

実習内容

営業のロープレ体験、土地の高低測量、電気図面作成、住宅の設計プランニング体験など

動機

就職活動時の業界選び

目標

社会勉強、自分の進路を明確にする

学んだこと

仕事に対する責任感や、自分でしっかり考えて行動・発言する大切さ

板倉 丈さん 経営学部経営学科経営情報システム専攻 3年
  • 板倉 丈さん
複数のインターンシップに参加いたしまして、これらは全くの別物であることを感じました。共通していた事は、新たな仲間と出会えたこと、そして社風を知れたことです。この社風は、業界研究では知ることができません。大切なことは、実際に肌で社風を感じることなのだと私は考えております。
また、実習型のインターンシップでは実際に働くことより、社会人の挨拶、行動、思考に実際に触れることができます。こういった挨拶、行動に関わるビジネスマナーや思考の仕方はとても大事であり、私達が会社から最も求められる能力です。これらの能力を株式会社アルタ代表取締役の加藤千雄様は、人間力と呼んでおられました。私はこの言葉に甚く感動いたしまして、人間力を高めるよう日々努めるようになりました。
これからインターンシップに参加される方は、まずはキャリアセンターをご利用ください。企業選びから手続き、実習終了まで終始サポートを受けることができます。また、多くの参加者からキャリアセンターに相談して良かったと伺っており、私も同じ思いであります。ぜひ、キャリアセンターも有効活用し、より良いインターンシップを経験してください。
実習先

SMBC日興証券株式会社(金融商品取引)

株式会社アルタ(ホームページ制作)

実習内容

日経新聞読合せ、証券セミナー、HP制作、テレアポリスト作成など

動機

インターンシップとは何かを学びたいと考えたため

目標

より積極的に、より多くの発見をし、より多くを学ぶこと

学んだこと 同じインターンシップでも、会社ごとに内容が全く違うものであること
加藤 脩平さん 経営学部経営学科スポーツマネジメント専攻 3年
証券会社は知識や経験に基づく自身の判断によって顧客の人生に大きな影響を与えるものだと学びました。そのため、日々の経済動向を注視するなど経済の流れに対する敏感さが必要だと知りました。また、顧客との信頼関係の築き方や顧客管理の大変さも感じ、今後の就職活動に活かせると思いました。
実習先

木村証券株式会社

実習内容

職場体験

動機

就職活動時の業界選びの参考

目標 証券会社は何をしているのかを学ぶ
学んだこと

証券会社では実際にどのように働いているかということ

土屋 拓郎さん 情報科学部情報科学科コンピュータシステム専攻 3年
  • 土屋 拓郎さん
自身の能力を試すうえでも非常に良い経験となりました。実際の業務以外にも部内会議に出席させていただいたり、他の部署を見学させていただいたりと業務以外でもなかなか普段の学生生活では体験できないことをさせていただいたので、凄くためになりました。ここでの経験を今後の研究や就職活動にも役立てたいと感じました。
実習先

NTTアイティ株式会社(マルチメディア関連機器、応用システムの開発・販売)

実習内容

自社製品のサポート業務におけるユーザー問合せの傾向の分析と提案

動機

実際の企業の実態について身をもって感じたい

目標

決められた期間内でスケジュールをこなす

学んだこと

改善案による効果・影響の多角的観点の必要性

近藤 桃子さん 情報科学部情報科学科メディア情報専攻 3年(2015年12月現在)
自分に足りないものがあるという現実に向き合い、どこを修正すれば良いか学ぶことができました。また、実際に社員の方の仕事姿を見て、仕事に対する意識が高まりました。
実習先

株式会社ブランディング

実習内容

フライヤー作成、タグ作成などのデザイン業務

動機

デザイン業務に実際に触れることで今の自分に足りないものを理解し学ぶため

目標

社会でも通用するような業務実習を学ぶ

学んだこと

実際の会社の雰囲気を味わうことができた。基礎的な部分についてもアドバイスを頂き、今までの自分のデザイン知識だけでは足りないことを実感し、今後学ぶポイントが分かった。

過去の体験談

PAGE
TOP