相互利用サービス 資料・情報の探し方

相互利用サービスについて

図書館に希望する資料がない場合、他の図書館などとの相互利用サービスを利用することにより、他大学の図書館などで資料を閲覧したり、図書の借用や文献複写の依頼をしたりすることができます。
訪問利用~他大学図書館を利用する

直接、他大学図書館などに出かけて資料を閲覧することができます。

  • 他大学図書館の利用を希望する場合は、閲覧を希望する資料の所在を確認し、事前にカウンターまでご相談ください。希望資料の利用の可否などを、図書館から事前確認いたします。
  • 当館発行の「利用申請書」が必要な場合があります。カウンターで発行します。
  • 他大学図書館を訪問する際は、必ず学生証または教職員証を持参してください。
  • 資料を利用する際は、それぞれの図書館の指示に従ってください。
文献複写を依頼する
図書館を通して、国内外の図書館・機関から、著作権の範囲内で資料や論文などの複写を依頼することができます。
申込方法
  • 図書館カウンターで申込みを受け付けます。「文献複写申込書」に必要事項を記載してください。
  • 教職員の方は、図書館ページ(本学サイト)【Web照会・サービス】からも申し込むことができます。
料金
  • 料金(複写料+送料)は利用者負担となります。
  • 複写料金は依頼先によって異なります。また、複写実費のほか、手数料・基本料などがかかることがあります。
到着までの時間
  • 通常1週間程度です。ただし、依頼先や時期によってはそれ以上かかる場合もあります。
注意事項
  • 著作権を越える複写の依頼はできません。
  • 外部機関依頼後のキャンセルはできませんので、あらかじめご了承ください。
現物貸借を依頼する
図書館を通して、国内外の図書館から図書を借りることができます。
申込方法
  • 図書館カウンターで申込みを受け付けます。「資料借用申込書」に必要事項を記載してください。
  • 教職員の方は、図書館ページ(本学サイト)【Web照会・サービス】からも申し込むことができます。
料金
  • 料金(返送料を含む送料実費)は利用者負担となります。
  • 送料のほか、手数料、基本料などがかかることがあります。
貸出期間・冊数など
  • 依頼先によって異なります。また、利用条件(館内閲覧限定など)も、依頼先の指定に従っていただきます。
注意事項
  • 返却期限は厳守してください。
  • 参考図書、貴重書、雑誌は、通常借りることができません。
    ※雑誌の場合は、論文単位で複写の依頼を申し込んでください。
  • 依頼後のキャンセルはできませんので、あらかじめご了承ください。
PAGE
TOP