経営情報システム専攻 経営学科

経営情報システム専攻
ものづくりの視点から
工業大学ならではの
「経営学」を学ぶ
情報が資源と同等の価値を持つことによって、社会の仕組みが大きく変化しています。それに伴ってビジネスの現場に求められるスキルも変わり、経営学の知識や技術と情報の力をバランス良く使いこなせる人材が求められるようになりました。経営情報システム専攻は、工業大学という強みと情報を活かした経営のエキスパートを育成します。

経営情報システム専攻の学びのポイント

  1. 一人1台の
    ノートパソコンを
    無償配付し、
    学びたい気持ちを応援。
    いつでもどこでも学べるように、経営情報システム専攻は全員に最新のノートパソコンを無償配付します。学びの環境が整っていることも、意欲を高めるカギとなります。
  2. 5つの専門コースで、
    目指す進路や将来像に
    合わせた学習が可能。
    「経営者育成コース」「企画・営業・サービスコース」「ものづくり技術経営コース」「経理・会計コース」「IT技術者コース」の5つの専門コースを設置。社会で通用する実践的な経営を学びます。
  3. 学びのステージは、
    アクセス抜群の
    自由ヶ丘キャンパス。
    名古屋市営地下鉄名城線・自由ヶ丘駅から徒歩1分。経営情報システム専攻は、アクセス抜群の都市型キャンパスで学べる唯一の専攻であり、先進の設備も整っています。

身近な社会で見つける学びの魅力

企業を運営する上での情報処理と、情報技術を活かした経営を学習。社会に貢献できる力を養います。
企業・オフィス 規模の大きさに関わらず、経営者、営業スタッフ、経理スタッフ、IT技術者、生産管理など、様々な職種のスタッフが活躍するのが現在の企業のスタイル。経営者なら海外でも通用する語学力や国際感覚が欠かせず、IT技術者はコンピュータを使いこなして企業に貢献します。
コンビニエンスストア マーケティングや開発、品質管理や物流、人事管理など、店舗運営のノウハウが出店を成功に導きます。

経営情報システム専攻の内容

PAGE
TOP