スポーツマネジメント専攻 経営学科

スポーツマネジメント専攻
経営学とスポーツ科学を
複合的に学ぶ
2020年の東京オリンピック開催に湧く日本。しかし、スポーツビジネスの基盤が整っていない日本では、スポーツをマネジメントし、プロデュースできる人材の育成が急務となっています。大きく伸びる市場をリードし、スポーツ界を変える人材がここから生まれます。

スポーツマネジメント専攻の学びのポイント

  1. プロスポーツ界出身の
    教員が活きた
    マネジメントを教育。
    Jリーグ川崎フロンターレの事業部長を務めた教員が、その経験と知識、人脈をもとに講義を展開するなど、実践的に学ぶことができます。
  2. スポーツマネジメントを
    大学で学ぶという
    優位性を活かす。
    全国的に見ても、スポーツマネジメントを専攻にしている大学は多くありません。東京オリンピック開催が決まり、成熟が見込まれるスポーツ市場をリードするためにも、今はじめることが重要です。
  3. プロサッカー、
    プロ野球チームを
    支える人材も夢じゃない!
    卒業した先輩の就職先は多種多様。身につけたマネジメント能力は、様々な業界で活かせます。中にはプロ野球チームやゴルフクラブに就職した卒業生もいます。

身近な社会で見つける学びの魅力

スポーツイベントやスポーツチームの経営、また、生涯スポーツの取組みを成功に導くための知識と実践力を養います。
生涯スポーツ 高齢化社会における、人々の健康的な生活を支える生涯スポーツのありかたに注目が集まっています。
スポーツ施設 野球やサッカー、ハンドボールなど、スポーツイベントをビジネスにつなげることで活性化を目指します。

スポーツマネジメント専攻の内容

PAGE
TOP