進路・就職 スポーツマネジメント専攻

主な就職先・進学先一覧

サービス、製造業、商社、流通、建設業など、幅広い分野へ就職しています。

就職 STORY

  • 内定先/セントラルスポーツ株式会社 経営学部 経営学科 スポーツマネジメント専攻 2017年3月卒業 寺本 汐里さん

内定先/セントラルスポーツ株式会社
経営学部経営学科スポーツマネジメント専攻 2017年3月卒業
寺本 汐里さん
(出身高校/愛知県立瀬戸西高等学校)

Q1. スポーツマネジメント専攻を選んだ理由は?

A1. スポーツとマネジメントの両方を学べる点が魅力でした。

小学校の頃に通っていたスポーツクラブのインストラクターに憧れ、将来は自分も同じ職業に就きたいと思っていたため、大学はスポーツや体育系の学科を受験しました。愛工大のスポーツマネジメント専攻は、スポーツだけでなくマネジメントも学べるため、卒業後の人生も考えて、経営の知識も身につけられる愛工大に入学を決めました。
Q2. 卒業研究のテーマは?

A2. 人種間の発育のピークを調べ、身長の差が生じる原因を探りました。

身体情報科学研究室で、世界の国々における身体の発達速度を比較しました。ヨーロッパ系の人びとはアジア人に比べて比較的身長が高いのが特徴ですが、いつ発育のピークが来ているのかを調べることで、その理由を探りたいと考えました。その結果、アジア人の発育のピークが平均13歳であるのに対し、ヨーロッパ人の発育のピークは平均14歳で、身長が高い人種ほどピークが遅いことが分かりました。
Q3. 就職活動はどのように進めた?

A3. 志望するスポーツクラブが決まっていたので、アルバイトをしながら活動を進めました。

志望するスポーツクラブでアルバイトをし、社風を肌で感じながら活動を行いました。大学3年生向けの説明会にも参加し、情報を集めることに力を入れました。おかげで社員の方々から面接の心構えなども聞くことができ、自信を持って試験に臨むことができました。入社後は、英語の勉強に力を入れ、クラブの海外進出に貢献したいと考えています。
PAGE
TOP