カリキュラム 住居デザイン専攻

カリキュラム紹介

1年次から建築における専門領域を学び、設計製図に取り組みます。

PICK UP 講義

【2年】実践的な設計製図、模型作りを通して具体的な手法を身につけます
  • 建築CAD

建築CAD

社会でも普及度の高い建築CADソフトVectorWorksを使い、CAD製図のスキルを修得します。建築設計のスタディツールおよびプレゼンテーションツールとしての2D及び3DCADの基礎知識を身につけます。
  • 設計製図Ⅲ

設計製図Ⅲ

建築設計のための生活と空間の関係、空間を構成する要素の理解と実践を目的とし、いくつかの施設機能を持つ建築空間を対象に、コンセプトの可視化、図面への表現、模型によるスタディ、ドローイングの表現技法を学びます。
【3年】進路を意識しつつ、建物の構造からインテリアまで幅広く学びます
  • インテリアデザイン

インテリアデザイン

抽象的なインテリアデザインを歴史から論理的に学び、デザインとは何かを理解します。デザイン一般からインテリアデザインの位置づけを知り、建築設計とは違うインテリアデザインの意味を学びます。
  • 建築工学実験

建築工学実験

建築物に使用されている材料の各種性能を正確に把握するため、構造・材料及び環境・設備に関連する試験項目を厳選し、試験の目的、測定原理、測定手順、測定結果の評価方法などについて学びます。
  • 住空間設計Ⅱ

住空間設計Ⅱ

快適性やエネルギー対策を考え、光、太陽熱、植栽などの外部環境の導入や自然と一体化した建築空間の考察を狙いとします。さらに、今後ますます進む高齢化社会を見据えて、ユニバーサルデザインに視点を向けます。
【4年】建築物が社会に及ぼす効果など、即戦力となる力を身につけます
  • 卒業研究

卒業研究

卒業研究は、研究の取り組み方、実験・解析結果のまとめ方、プレゼンテーションやディスカッションの方法など、技術者に求められる基本スキルを身につける重要な科目です。
  • シラバス検索

シラバス検索

開講科目の詳細情報をキーワードから検索することができます。
PAGE
TOP