カリキュラム 応用化学専攻

カリキュラム紹介

化学の基礎を1・2年次にしっかりと習得し、実験・実習を通して応用化学の専門分野を学びます。
【2年】無機・有機化学など専門分野を幅広く学び、化学への理解を深めます
  • 固体構造化学

固体構造化学

無機固体材料についての特徴をはじめ、結晶構造に関する初歩的理論を学び、単結晶、多結晶及び非晶質固体材料の化学の基礎を学びます。
  • 物理化学演習

物理化学演習

主に気体分子について、簡単な量子力学を基礎にした分子の運動とエネルギーに関する理論を学び、分子の集団の性質を修得します。簡単な計算を伴う物理問題にもチャレンジします。
【3年】応用化学の関わる先端技術に触れ、進路を意識して専門性を高めます
  • エネルギー材料化学

エネルギー材料化学

電池の放電や充放電、及び電気分解における電流と電位の関係など反応速度に関する基礎を学び、一次電池、二次電池の原理と材料、特徴と将来展望を修得します。
  • 応用材料化学実験Ⅱ(セラミックス)

応用材料化学実験Ⅱ(セラミックス)

物理化学とセラミックス化学に関する実験を行う授業で、実験を通じて基礎・材料化学に関する総合的な理解を深めます。機器の取扱い方法やデータの処理方法などもしっかりと身につけます。
  • 高分子化学Ⅰ・Ⅱや高分子材料物性などの講義で学んだ知識をベースに、身近にある熱可塑性および熱硬化性高分子材料の作り方と物性評価、構造解析を学び、実験を通して高分子材料の特徴を理解します。

応用材料化学実験Ⅱ(高分子化学)

高分子化学Ⅰ・Ⅱや高分子材料物性などの講義で学んだ知識をベースに、身近にある熱可塑性及び熱硬化性高分子材料の作り方と物性評価、構造解析を学び、実験を通して高分子材料の特徴を理解します。
【4年】研究室でより高精度な機器を使用するなど、自分の専門知識を高めます
  • 卒業研究

卒業研究

卒業研究は、研究の取組み方、実験・解析結果のまとめ方、プレゼンテーションやディスカッションの方法など、技術者に求められる基本スキルを身につける重要な科目です。
  • シラバス検索

シラバス検索

開講科目の詳細情報をキーワードから検索することができます。
PAGE
TOP