進路・就職 防災土木工学専攻

主な就職先・進学先一覧

建設業を中心に、公務員や輸送、サービスなど様々な分野へ就職しています。大学院への進学も多くあります。

就職 STORY

  • 内定先/静岡市役所 工学部 都市環境学科※ 土木工学専攻 2017年3月卒業 青島 正和さん

内定先/静岡市役所
工学部都市環境学科土木工学専攻 2017年3月卒業
青島 正和さん
(出身高校/静岡市立高等学校)

※2015年4月、都市環境学科から土木工学科へ名称変更

Q1. 愛工大を選んだそもそものきっかけは?

A1. 自然に囲まれた広大なキャンパスでのびのびと学びたいと考えました。

静岡出身のため、関東や関西の大学に進学する友だちも多いのですが、自分は自然に囲まれた愛工大のキャンパスでのびのびと4年間を過ごしたいと考えました。土木工学を専攻したのは、幼少期から砂遊びやショベルカーが好きだったから。建築か土木かで迷いましたが、将来街づくりに関わる仕事に就きたいという希望もあったため、土木を選びました。
Q2. 内定した市役所を選んだ理由は?

A2. 街づくりに携わり、地元の発展に貢献したい。

土木の仕事の魅力の一つに、限られた予算を上手に使って街づくりをするアセットマネジメントが挙げられます。高度成長期につくった橋や道路などの構造物の耐久性が問題となる中で、補修をするのか、新しくつくり直すのかを判断し、街づくりを進めていくのが自治体の仕事です。卒業後はこうした業務に携わり、地元の発展に貢献したいと思い、市役所を志望しました。
Q3. 就職活動はどのように進めた?

A3. エクステンションセンターの公務員講座を受講して準備しました。

志望を自治体に絞っていたため、3年次の5月から11月まで、エクステンションセンターの公務員講座を受講しました。ここで一般教養を身につけ、模試などにも取り組みました。また、3年次の夏には他の市役所へインターンシップに行き、職場の雰囲気を経験することができました。自治体は試験期間が長く、スケジュール管理が大変だっただけに、内定をいただいた時は嬉しかったですね。
PAGE
TOP