機械創造工学専攻 機械学科

機械創造工学専攻
製品から機械を学び、
イメージをかたちにする創造に
チャレンジ
興味がある製品、魅力を感じる製品について、自ら調べて考えながら、その製品を作り上げる機械工学について学ぶのが機械創造工学の特徴です。製品の仕組みを理解することからスタートし、機械の基盤技術の理解へと進むことで、自ら考え行動できるエンジニアを養成します。

機械創造工学専攻の学びのポイント

  1. 製品を分解して
    組み立てながら、
    ものづくりに必要な
    知識と技術を修得。
    実際に販売されている製品を一度分解し、それを組み立てることで、その製品が動く仕組みや使われている部品、応用されている技術を学びます。愛知工業大学ならではのアプローチで、機械を徹底的に理解します。
  2. コンテストや
    コンクールにも
    果敢にチャレンジ!
    ロボットコンテストや鳥人間コンテストなど、機械創造工学の学生がチャレンジできるコンテストは多くあります。学生は不眠不休の努力でものづくりに挑み、その分野と技術に精通していきます。
  3. 作るから創るへ。
    ものづくりのための
    設計・製作力を重視。
    機械創造工学専攻が重視しているのは、創造力とデザイン力です。機械に精通するだけでなく、新しいものを生み出す力が身につきます。ここから、頭の中にあるアイディアをかたちにできるエンジニアが巣立っていきます。

身近な社会で見つける学びの魅力

航空宇宙、自動車、ロボットなどを中心に機械工学を学び、総合力の優れたエンジニアを目指します。
ロボット アニメのようなロボットから工作機械としてのロボットまで、様々な可能性を秘めた研究分野です。
航空宇宙 最先端の技術である航空・宇宙工学に関して、夢のあるプロジェクトを推進します。

機械創造工学専攻の内容

PAGE
TOP