進路・就職 機械創造工学専攻

主な就職先・進学先一覧

製造業を中心に、サービス業など様々な業種へ就職しています。また大学院への進学も多くあります。

就職 STORY

  • 内定先/ヤマザキマザック株式会社 工学部 機械学科 機械創造工学専攻 2017年3月卒業 渡邊 峻之さん

内定先/ヤマザキマザック株式会社
工学部機械学科機械創造工学専攻 2017年3月卒業
渡邊 峻之さん
(出身高校/愛知工業大学名電高等学校)

Q1. 機械創造工学専攻を選んだ理由は?

A1. 1年次から実習に取り組める点が魅力でした。

小学生の頃に父が働いている工場に連れて行ってもらう機会があり、大きな機械を見て感動したのがきっかけです。プラモデルを組み立てたり、分解することも好きだったため、1年次から自動車のエンジンを分解する実習がある機械創造工学専攻を選びました。工学の魅力は、スケールの大きさですが、入学後はその魅力を存分に楽しむことができました。
Q2. 就職活動はどのように進めた?

A2. キャリアセンターに通い、自己PRを考えながら志望企業を絞り込みました。

3年次の3月に開催された合同説明会に参加して、活動をスタートさせました。最初は企業研究から始め、ものづくりを基礎から支える仕事に就きたい、そのためにも工作機械の生産に携わりたいと考えるようになりました。エントリーシートを書くのが特に大変で、キャリアセンターや研究室の先生に相談して何度も書き直しをしましたが、そのおかげでグローバルな生産体制を持つ志望企業に内定をいただくことができました。
Q3. 今後の夢は?

A3. 海外に赴任して、プロジェクトリーダーを務めることが目標です。

愛工大で学び、数々の実習に取り組んだことによって、CADや3D CADをマスターしたり、生産技術の基本が理解できるようになりました。こうした知識を活かしながら今後は語学も勉強し、海外に赴任してプロジェクトリーダーを任せられるような人材になりたいと考えています。働きながら資格取得にも挑戦し、自分の可能性を広げていくことができれば嬉しいです。
PAGE
TOP