情報科学部 学部・大学院

情報科学部
日本最高レベルの
設備を駆使し、
情報科学技術の最先端を学ぶ

情報科学部の学びの特徴

  1. 自慢の設備とソフトを
    駆使して、世界に通用する
    ソフトウエアエンジニアを育成!
  2. 数多くの実験と
    演習により、
    進路の幅を広げる!
  3. より豊かな社会の
    実現を目指して
    新しい取組みに挑戦!

情報科学部の学科・専攻

情報科学科

世界という広大なフィールドに羽ばたくソフトウエア技術者とデジタルメディアクリエイタを養成します。
  • コンピュータシステム専攻

    ソフトウエアの開発技術と周辺領域の知識を教育しICTや製造業界で活躍できるエンジニアを養成します。

  • メディア情報専攻

    拡大と進化を続けるデジタルメディア産業界において、総合力を身につけた世界レベルのクリエイタを養成します。

人とコンピュータの未来を切り拓く
世界レベルのクリエイタを育てたい

情報科学部のコンピュータシステム専攻とメディア情報専攻は、プログラミングやネットワークをはじめ、各種制御技術の基礎分野の修得を重視しています。また、日々高度な技術革新が進行するICT領域に追随するべく、2010年に、国内最高水準のハードウエアとソフトウエアを備えた1号館を新設。これだけ充実した研究環境をフルに活かさない手はなく、企業と緊密に連携した先端的な研究も活発に進めています。情報科学部では、独自の感性や感覚を活かし、人に優しい先導的なメディア情報システムを創造することに邁進できる人材の育成を目指します。学生の皆さんには、教育と研究を経て、人とコンピュータシステムの新しい関係を切り開いてもらいたいと考えています。

情報科学部長 鬼頭 繁治

PAGE
TOP