進路・就職 メディア情報専攻

主な就職先・進学先一覧

情報通信業界を中心に、製造業、サービス、建設業、商社、流通など幅広く就職しています。

就職 STORY

  • 内定先/株式会社コロプラ 情報科学部 情報科学科 メディア情報専攻 2017年3月卒業 柴垣 圭汰さん

内定先/株式会社コロプラ
情報科学部情報科学科メディア情報専攻 2017年3月卒業
柴垣 圭汰さん
(出身高校/愛知工業大学名電高等学校)

Q1. メディア情報専攻を選んだ理由は?

A1. 高校時代の学びを深め、自分の技術を磨くために。

小学生の頃からゲームが好きで、大人気RPGにはまって以来、将来はこうした業界で仕事がしたいと思うようになりました。高校1年は普通科、2年以降はプログラミング学科で学び、大学でその知識をさらに深めるためにメディア情報専攻に進みました。入学後は、授業以外の時間で自分の技術を磨こうと、必死でがんばりました。
Q2. 就職活動はどのように進めた?

A2. 逆求人フェスティバルでの出会いから最終面接まで。

3年次の6月に参加した逆求人フェスティバルが最初の活動でした。その時、内定をいただいた企業の方にも会っていたのですが、就職活動の相談をしていたと記憶しています。2月にその企業の説明会に参加した時に、自分の作品をまとめたポートフォリオを持参しました。Skypeでの一次面接、本社での2回の面接を経て、内定をいただいたのは4月。今でも挑戦して良かったと思っています。
Q3. 就職活動で悩んだことは?

A3. 自分の力が社会で通用するかどうかが、不安でもあり悩みでもありました。

2年次に、ある教授に「才能がない」と言われたことがずっと心の中に残っており、自分の技術が社会で本当に通用するだろうかと悩みました。SNSなどで他校の学生のレベルの高さを知った時は、少しでも近づけるように技術を磨き、制作に挑戦しました。こうして出来上がった作品をまとめたポートフォリオが就職活動の大きな武器に。あの時の先生のあの一言に、今は感謝の気持ちでいっぱいです。
PAGE
TOP