進路・就職 材料化学専攻

主な就職先・進学先一覧

製造業を中心に就職しており、研究者としての活躍も期待されます。

就職 STORY

  • 内定先/株式会社イノアックコーポレーション 工学研究科博士前期課程材料化学専攻 2015年3月卒業 伊藤 啓さん

高校時代に興味を持った「化学」。大学、大学院、そして
就職先と一貫して学びぬく強さを身につけた。

内定先/株式会社イノアックコーポレーション
工学研究科博士前期課程材料化学専攻 2015年3月卒業
伊藤 啓さん
(出身高校/愛知県立熱田高等学校)

高校生の時に化学の授業で鉛蓄電池やボルタ電池について学び、この分野に興味を持ったことが入学の要因です。技術革新の流れが速い世界で、先端材料に関わる分野は非常に重要です。大学院では、専門知識や問題を解決する能力を学び、その道のプロフェッショナルになるために頑張りました。授業ではいつも「データ」と向き合っています。自分の望んだ「データ」が出たときの感覚、これはこの分野を学んだ人にしか分からないかも知れません。
中でもリチウムイオン電池の分野は楽しかったです。自分の研究テーマにもしました。
就職先では、ウレタンなどの開発をして世の中に普及させたいです。
就職を意識し始めたのは12月頃です。日本化学会が主催するセミナーに参加したり、先生方に薦めていただいた企業を訪問したり、J-NETは隈なく閲覧しましたね。自分の中で決めていたのは「週に一回は就職活動を行う」ということ。継続力は必要ですね。それと気負わないこと。色々と悩むことが多いと思いますが、先ずは大きな声で!元気良く!結局、大切なことは単純だと思います。
PAGE
TOP