経営情報科学専攻 博士後期課程

経営情報科学研究科
ビジネスの
「今」と「未来」を
支える能力を育みます
博士後期課程では、経営情報システムの観点から、企業活動を研究したり、高度情報システムの設計・構築・運用を可能にする研究を進められたりする科目、資金・財務の流れを高度なレベルで解明・分析する能力を育てる科目を配置しました。

専門分野

経営システム特殊研究
経営システム関連分野には、いかに企業などの組織体を長期発展させるかという観点から、ITによる情報システム中心の「IT経営情報システム」の研究が盛んに行われています。その一方で、近年ではITによらない「非IT経営情報システム」の研究、さらにはITと非ITの相補作用からなる「経営情報システム」の研究へと総合化の途を歩み始めています。
故に、博士後期課程では「経営システム特殊研究」と「研究指導」の履修を通じ、いかなる院生であっても、上記の潮流を踏まえて重点研究を担うことや、あるいは自由な発想で新機軸の研究開発を担うように支援されるか、このような支援をベースとする指導教員と院生の関係強化をはかると同時に、院生が自立して様々な関係を構築し関係拡張ができるような指導にも力を入れることが博士後期課程編成の特色となります。
具体的な教育研究分野として、「経営システムの教育研究」、「品質マネジメント・システムの教育研究」、「生産マネジメント・システムの教育研究」、「ヒューマンリソース・マネジメントの教育研究」、「ロジスティック・システムの教育研究」、「マーケティング・マネジメントの教育研究」、「オペレーションズ・リサーチの教育研究」、「ベンチャー・ビジネス論の教育研究」、「システム・マネジメントの教育研究」、「技術経営戦略論の教育研究」、などについて、基礎から応用までのテーマを取り上げます。
情報システム特殊研究
博士後期課程では、高度情報システム設計、構築、運用ができるように、大学院研究グループごとの活発な定期的研究講義、研究討論、研究発表を行います。ここでは国内外での先端的な情報システム研究・技術を取り上げ、教員と学生の一体化した教育、訓練の場にしたいと考えています。この過程で博士研究のテーマを決定して、テーマ解決のため方法論の研究、開発、実践、評価が必要になります。これらで得られた研究成果は国内外の国際機関、著名な出版機関、研究学会誌に投稿することを奨励義務づけます。最後にこれらの発表論文をまとめた博士論文の提出が必要となります。博士後期課程の修了条件は同課程での研究成果と情報システム分野での高度の思考訓練とシステムの構築、運用ができる経営情報技術者・知識人の育成が博士後期課程の課程編成の特色となります。
具体的な教育研究分野として、「情報システムの統計情報科学の教育研究」、「情報分散・ネットワーク技術の教育研究」、「データマイニングの教育研究」、「知能情報コンピューティングの教育研究」、「情報システムの信頼性・セキュリティの教育研究」、「情報理論の教育研究」、「ソフトウエアデザイン論の教育研究」、「コンピュータ・グラフィックス論の教育研究」、「システム・セーフティ論の教育研究」、「コンピュータビジョンの教育研究」などについて、基礎から応用までのテーマを取り上げます。
財務システム特殊研究
博士後期課程では、経済主体における資金・財務の流れを高度に解明・分析できる能力を育成するために、大学院研究グループごとの定期的に活発な研究講義、研究討論、研究発表を行います。ここでは国内外での先端的な会計システムの研究、経営・経済分析研究、会計監査研究、ファイナンシャル・マネジメント研究、リスクマネジメント研究を取り上げ、教員と院生との密接な教育研究鍛錬の場としています。この過程で博士研究のテーマを決定して、テーマ解決のため方法論の開発、実践、評価が必要になります。ここでの研究成果は国内外の国際機関、著名な出版機関、研究学会誌などに投稿することを奨励義務づけています。このように、財務システム分野での思考訓練と高度な財務システムの評価、適正化、構築、運用ができる高度専門知識人の育成が博士後期課程の課程編成の特色となります。
具体的な教育研究分野として、「財務会計の教育研究」、「国際会計の教育研究」、「経営分析の教育研究」、「経済性分析の教育研究」、「監査論の教育研究」、「ファイナンシャル・マネジメントの教育研究」、「リスクマネジメントの教育研究」、「内部統制の教育研究」、「財務諸表の教育研究」、「原価計算の教育研究」などについて、基礎から応用までのテーマを取り上げます。

経営情報科学専攻の内容

PAGE
TOP