進路・就職 経営情報科学専攻

主な就職先・進学先一覧

情報通信、メーカー、建設業など幅広い分野へ就職しています。また博士後期課程への進学もあります。

就職 STORY

  • 伊神 栞里さん

他の誰にも負けないことを、何か一つ身につけるために。
先生の言葉が強烈なモチベーションになりました。

経営情報科学研究科博士前期課程経営情報科学専攻 2年
伊神 栞里さん
(出身高校/愛知県立名古屋西高等学校)

学部3年次の後半、周りの友人が就職活動を始めるのを見ながら、自分にできることとできないこと、できることのなかで仕事としてやりたいことが何なのかが固まっていないのを感じ、大学院への進学を決めました。進学は常に頭の片隅にあり、研究室の先生に相談していたことも決断を後押ししてくれました。
研究テーマは「小型水槽における観客と魚のインタラクティブ映像コンテンツに関する研究」。画像処理プログラミングを用いて水槽内を泳いでいる魚を検出し、魚の動きに合わせて変化する映像をリアルタイムで水槽に映し出すシステムを開発しています。実用化をめざしていますが、処理速度や精度の面で問題がたくさんあり、その改善が現在の課題です。イベントや学会などで展示をし、いただいたさまざまな指摘を研究に活かしながら、水槽を見た人を楽しませるにはどうすれば良いかを常に考えています。
学部時代の私は、成績は良くてもこれといって秀でたものがない学生でした。大学院への進学時、研究室の先生に「他の誰にも負けないことを一つでいいから身につけてください」という言葉をいただき、何でもいいから自信が持てるものを武器にしたいと考えるようになりました。学部ではさまざまな知識を広く浅く学び、そのなかから何か一つを選択して自分で掘り下げていくことが大切ですが、私はその部分が足りなかったということに気づいたのです。
現在は、研究をしながらインターンにも挑戦し、得意分野をつくる努力をしています。将来、Webサービスに携わる仕事に就くために、すべてに全力投球です。
PAGE
TOP