学園長・総長挨拶/学長挨拶 大学概要

学園長・総長挨拶

  • 学園長挨拶

常に時代に先駆けた教育の実践

愛知工業大学は、1912年、大正元年に日本の工業化社会到来とそのエネルギー源が電気であると予見した後藤喬三郎先生によって設立された名古屋電気学校を母体に、中部地方初の工科系単科大学として1959年に開学しました。以来、「一握りのエリートでなく、企業の第一線で活躍する技術者の育成」を目指した人材育成と、時代のニーズに対応した学部・学科、研究施設、大学院の整備・拡充に一貫して取り組み、目覚ましい発展を遂げました。
大学は2009年に開学50周年、学園は2012年に創立100周年を迎えるまでとなりました。この間、我々を取り巻く社会はグローバリゼーションや高度情報化が進み、それによって人々の生活・価値観も大きく変化し、科学・技術は大きく進歩しました。その半面、地球温暖化による環境の変化、経済格差の拡大、少子・高齢化社会など、過去の思想・制度では解決できない様々な課題に直面しています。それらに対応すべく、創造力と豊かな人間性を兼ね備えた人材の育成と併せて、教育・研究の国際化・多様化・先端化をはかり、常に時代に先駆けた教育を実践していきます。

学校法人 名古屋電気学園 学園長・総長

後藤 淳

学長挨拶

  • 学長挨拶

学生の挑戦を全力でサポート

愛知工業大学は、開学以来、建学の精神「自由・愛・正義」と教育のモットー「創造と人間性」のもと、深い学識や確かな技術、そして豊かな人間性を合わせ持った人間の育成を目的として、教育研究の発展に全学を挙げて取り組んできました。
近年は、ものづくりが盛んな愛知県に拠点を置く工科系総合大学として、グローバルな舞台で活躍できる人材を育成するための実学教育にも力を入れています。その一環として、アメリカやニュージーランドなど諸外国への語学研修や、中国をはじめとした協定校との交換留学制度を推し進めており、国内だけでなく、東南アジアなどへの技術教育支援も視野に入れています。
また、学生の好奇心や情熱をサポートできるよう、教育施設や研究設備の整備にも努めてきました。2015年4月には『ロボットミュージアム』を併設した新2号館を建設しました。ロボットが活躍する未来社会を創造し、ロボットと建築、ロボットと電気、といった学問分野の枠を超えたつながりを考えるきっかけになるよう、全面ガラス張りのプロジェクトルームを採用しました。
学生には、知識だけでなく、精神面でも優れた人材になってほしいと考えています。地道にコツコツ真面目に取り組むのが愛知工業大学の姿勢です。「失敗を恐れず、チャレンジする」――その一歩を踏み出す勇気、背中を押すのが愛知工業大学の教員であり、職員です。愛知工業大学は、挑戦し続ける学生を全力でサポートします。

愛知工業大学 学長

後藤 泰之

PAGE
TOP