NEWS詳細

注目のイベント「IPSJ-ONE」に本学の若手研究者が参加

2018.05.14 TOPICS
  • IPSJ-ONEで発表を行う梶克彦准教授

情報処理技術の国内トップの若手研究者が集い、各5分間の持ち時間で今後の情報社会に向けた研究動向を発表する「IPSJ-ONE」(情報処理学会主催)に、本学の研究者も参加しています。

 IPSJ-ONEは、情報処理技術に関心を持つ高校生~大学生の若者を主なターゲットに、2015年から毎年開かれています。会場で一般に公開されるほか、ニコニコ生放送で生中継される注目度の高いイベントです。本学からは2015年の第1回で情報科学科の内藤克弘准教授が「IPv4/IPv6ネットワーク上のシームレス通信技術」と題して発表したほか、今年3月4日の第4回で情報科学科の梶克彦准教授が「屋内で位置を推定する技術」と題して発表を行いました。

 スマホに搭載されたさまざまなセンサーを用いて屋内の歩行者の位置を求める技術を紹介した梶准教授は「これをきっかけに情報処理の分野を目指す若者が増えてくれたら」と期待を語っています。

16人の研究者が発表を繰り広げた第4回は、ニコニコ生放送で4000人程度の視聴者を集めたほか、現在もタイムシフト視聴(http://live.nicovideo.jp/gate/lv310305910)が可能です。過去3回の発表動画は以下のURLで視聴できます。

第1回  http://ipsj-one.org/2015/index.html#presenter

第2回  http://ipsj-one.org/2016/index.html#speaker

第3回  http://ipsj-one.org/2017/index.html#speaker

PAGE
TOP