大学院工学研究科 外国人留学生入試(秋季入学)

[2017年度入試概要]


博士前期課程(秋季入学)

出願期間

平成29年6月12日(月)~6月19日(月)

試験日・試験会場

[試験日]

平成29年7月5日(水)

[試験会場]

愛知工業大学(八草キャンパス)または、本研究科が指定する場所
試験室については、試験日までに、志願者に通知する。

合格発表

平成29年8月3日(木)
当日に合否通知書を速達で発送します。

募集人員

専攻名 募集人員(春季入学を含む)
電気電子工学専攻 15名
材料化学専攻 10名
機械工学専攻 15名
建設システム工学専攻 10名

出願資格・要件

外国の国籍を有する者で、「出入国管理及び難民認定法」において大学院入学に支障のない在留資格を有する者または大学院入学後に取得可能な者で、次のいずれかに該当する者

  1. 学校教育法第83条に定める大学を卒業した者または平成29年9月卒業見込みの者
  2. 学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者または平成29年9月までに授与される見込みの者
  3. 外国において学校教育における16年の課程を修了した者(学士取得者)または平成29年9月までに修了見込みの者(学士取得見込み者)
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において、履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者または平成29年9月までに修了見込みの者
  5. 我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものの当該課程を修了した者または平成29年9月までに修了見込みの者
  6. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者または平成29年9月までに修了見込みの者
  7. 文部科学大臣の指定した者
  8. 本研究科委員会において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、入学時に22歳に達した者

※ 出願資格(8.)による出願を希望する場合は本学研究科委員会において出願資格を審査する必要がありますので、出願開始日の3週間前までに、入試広報課にお問い合わせください。

選抜方法

志願者が、専攻しようとしている学問分野において、博士前期課程の学習に必要な基礎ができているかどうかについて試験する。試験日程、科目など詳細は、各専攻から通知する。

提出書類・検定料

左右にフリックすると表がスライドします。

[提出書類]

出願書類 注意事項
入学志願票 本学所定用紙
上半身写真(4×6cm)1枚 3ヶ月以内に撮影したものを入学志願書の所定欄に糊付けすること
卒業証明書または
卒業見込書
出身大学の所定のもの
成績証明書 出身大学の所定のもの
現在国費留学生である者は、その証明書 在学している大学発行のもの
推薦書 出身(所属)学校の学長または学部長の推薦書、在職中の者は所属長の推薦書(本学所定用紙)または、日本の大学に在籍する者は、その大学における指導教員の推薦書(本学所定用紙)
住民票 市町村長が発行
日本に居住する
保証人の保証書 ※
本学所定用紙(身元保証人が日本人以外の場合は、身元保証人の住民票を添付)
大学納付金等の経費を
保証する証書
残高証明書等

注1:願書受付後、他の書類が必要になった場合はその書類を提出してもらうことがある。
注2:出願書類は日本語または英語により作成すること。
注3:上記※の書類は、出願時に留学の在留資格がない場合には出願時の提出は不要。入学後に提出すること。

[入学検定料]

35,000円(八草キャンパス会計課へ納付)国費留学生は入学検定料不要です。

[提出先]

入試センター入試広報課(八草キャンパス)
〒470-0392 豊田市八草町八千草1247 TEL 0565-48-8121
※ 提出書類、入学検定料は直接入試広報課までご提出ください。
※ 遠方のため来校できない場合は、出願期間前に入試広報課にご連絡ください。
※ 受付時間「月曜日~金曜日9:00~16:30(祝日を除く)」「土曜日9:00~12:00」

日本語

授業は日本語で行われるので、十分な日本語能力が要求される。

健康状態

修学に支障のない者で、法定伝染病疾患のない者

試験内容

試問(専門科目)

注意事項

  1. 試験当日は、必ず受験票を持参してください。
  2. いったん納入した入学検定料および受理した提出書類は、事由を問わず返却いたしません。
  3. 予定指導教員と諸事につき十分事前相談をしておいてください。
  4. 出願資料等に虚偽の事項等が判明した時は、入学後でも入学を取り消します。

博士後期課程(秋季入学)

出願期間

平成29年6月12日(月)〜6月19日(月)

試験日・試験会場

[試験日]

平成29年7月5日(水)

[試験会場]

愛知工業大学(八草キャンパス)または、本研究科が指定する場所
試験室については、試験日までに、志願者に通知する。

合格発表

平成29年8月3日(木)
当日に合否通知書を速達で発送します。

募集人員

専攻名 募集人員(春季入学含む)
電気・材料工学専攻 3名
生産・建設工学専攻 3名

出願資格・要件

外国の国籍を有する者で、「出入国管理及び難民認定法」において大学院入学に支障のない在留資格を有する者または大学院入学後に取得可能な者で、次のいずれかに該当する者

  1. 外国の大学院において、本学大学院の修士課程と同等以上と認められる課程を修了した者
  2. 日本の大学院の博士課程前期課程、または修士課程を修了した者および平成29年9月までに修了見込みの者

※ 外国政府派遣留学生は、出願手続きの前に、入試広報課と出願手続きについて予め相談してください。

選抜方法

志願者が、専攻しようとしている学問分野において、博士学位をめざす研究を行いうる能力を有するか否かについて試験する。試験日程、科目など詳細は、各専攻から通知する。

提出書類・検定料

左右にフリックすると表がスライドします。

[提出書類]

出願書類 注意事項
入学志願票 本学所定用紙
上半身写真(4×6cm)1枚 3ヶ月以内に撮影したものを入学志願書の所定欄に糊付けすること
修士の学位を授与された者
(または、見込)であることの証明書
 
成績証明書 出身大学の所定のもの
現在国費留学生である者は、その証明書 在学している大学発行のもの
推薦書 出身大学院の長、研究科長またはこれにかわる者の推薦書、および在職中の者は所属長の推薦書(本学所定用紙)または、日本の大学院に在籍する者は、その大学院における指導教員の推薦書(本学所定用紙)
修士論文の概要または博士前期課程
における研究経過の概要
様式任意
愛知工業大学大学院博士課程
における研究計画
本学所定用紙
住民票 市町村長が発行
日本に居住する保証人の保証書 ※ 本学所定用紙(身元保証人が日本人以外の場合は、身元保証人の住民票を添付)
大学納付金等の経費を保証する証書 残高証明書等

注1:本学大学院の教員から既に研究上の指導を受け、または何らかの連絡をとっている場合には、その教員の推薦書を添付すること。
注2:願書受付後、他の書類が必要になった場合はその書類を提出してもらうことがある。
注3:出願書類は日本語または英語により作成すること。
注4:上記※の書類は、出願時に留学の在留資格がない場合には出願時の提出は不要。入学後に提出すること。

[入学検定料]

35,000円(八草キャンパス会計課へ納付)国費留学生は入学検定料不要です。

[提出先]

入試センター入試広報課(八草キャンパス)
〒470-0392 豊田市八草町八千草1247 TEL 0565-48-8121
※ 提出書類、入学検定料は直接入試広報課までご提出ください。
※ 遠方のため来校できない場合は、出願期間前に入試広報課にご連絡ください。
※ 受付時間「月曜日~金曜日9:00~16:30(祝日を除く)」「土曜日9:00~12:00」

健康状態

修学に支障のない者で、法定伝染病疾患のない者

試験内容

試問(専門科目)

注意事項

  1. 試験当日は、必ず受験票を持参してください。
  2. いったん納入した入学検定料および受理した提出書類は、事由を問わず返却いたしません。
  3. 予定指導教員と諸事につき十分事前相談をしておいてください。
  4. 出願資料等に虚偽の事項等が判明した時は、入学後でも入学を取り消します。
pagetop