研究室紹介

スポーツマネジメント専攻 スポーツ経営論研究室

経営学の理論をベースに、スポーツ団体・組織の経営を考える。

スポーツにも経営のノウハウが求められる時代。

日本でスポーツを対象にした研究といえば、スポーツ科学や体育学、教育学が中心で、スポーツ団体や組織を対象とした研究はまだまだ少ないのが現状です。
しかし、スポーツの本場アメリカではスポーツ経営論の研究が進んでおり、日本でもスポーツ団体や組織に経営のノウハウが求められるようになってきました。
当研究室がめざしているのも、経営学のなかにスポーツ経営論というジャンルを確立すること。
この取り組みの一つとして、現在は経営情報システム専攻の経営戦略研究室と共同で、プロバスケットボールBリーグに所属するファイティングイーグルス名古屋の集客に関するプロジェクトを進めています。

研究を通して、時代に適した経営判断を学ぶ。

プロジェクトに取り組むためには、時代を知ることが必要です。このため、新聞記事からM&A、不祥事対応、少子化などの時代を映すキーワードを見つけ出し、それを読み解く学修を進めています。
社会の変化を知り、経営・経済の真実を見抜くことで、スポーツ団体や組織、さらにはあらゆる経営体が、どのような目的で何をしているのかを全員で考えているのです。
この学びによって身につけた知識を応用した例が、ファイティングイーグルス・プロジェクト。
事前調査で他のスポーツに比べて観客の年齢層が高いことがわかったため、学生は集客と同時に自分たちと同世代の観客を増やすという目的を設定してイベントの企画に取り組んでいます。
研究を通して身につけるのは、競争に勝ち抜いていくために必要な経営判断。社会で役立つスキルを持った人材が、この研究室で育っています。

その他の研究室一覧

  • スポーツ方法研究室

    スポーツ方法研究室

    スポーツ方法研究室

    戦法の解析や競技記録をより向上させるトレーニング方法の開発など、身体・心理の両面からアプローチし、スポーツを科学的に研究している。
    動画はこちら

  • 公衆衛生学研究室

    公衆衛生学研究室

    公衆衛生学研究室

    小学生から大学生までのいじめの問題にメスを入れ、ライフスキルと青少年の行動との関連性を考える。
    動画はこちら

  • 身体情報科学研究室

    身体情報科学研究室

    身体情報科学研究室

    ウェーブレット補間法という解析方法を開発し、今まで研究できなかった発育現象の解析に挑戦している。

  • システム信頼性解析研究室

    システム信頼性解析研究室

    システム信頼性解析研究室

    設備などのシステムの安全性・信頼性を分析し、効率的に運用する手法を研究。また、確率やシステム工学、情報処理などの技術を利用してスポーツや社会問題を分析する研究も行っている。

pagetop