応用化学科

応用化学専攻
応用化学専攻
最新の化学技術と、くらしを支える化学分野の実験・分析技術を学び、エネルギー材料化学や、セラミックス材料化学など、期待の最先端分野に関わる専門性を身につける。
バイオ環境化学専攻
バイオ環境化学専攻
生命機能について分子レベルで明らかにする、生命と化学を両立させた専攻。高度な専門知識と実験・分析技術を修得し、医薬品やセンサの開発を目指す化学技術者を養成する。

たとえばこんな学び

応用化学専攻

ハイブリッドカー用リチウムイオン電池
より環境にやさしく、より多くの電気をためることができる蓄電池や、高機能・高性能なセラミックスの実現を目指して、新素材や新材料の開発に取り組む。

バイオ環境化学専攻

自動車の内装品やエアコンのフィルターに用いられるポリウレタン
あらゆる工業製品に使用されているポリウレタンの環境負荷を小さくする新たなポリウレタンの開発をはじめ、化学を検査や創薬、環境保全に活かすための研究に取り組む。
その他の学び
  • #リチウムイオン電池
  • #燃料電池
  • #高分子材料
  • #セラミックス
  • #生分解性材料
  • #電子デバイス
  • #新規医薬品
  • #環境分析センサ
  • #医療用分析センサ
  • #バイオ燃料
  • #生分解性材料
  • #バイオセンサ