機械学科

機械工学専攻
機械工学専攻
基盤技術を基礎に、先端材料、ナノ、バイオメカニクス、環境とエネルギー、センサなどの最先端分野まで、幅広い科学を学ぶ専攻。産業現場のプロセスに沿った実習も行い、生きた技術力を養う。
機械創造工学専攻
機械創造工学専攻
興味がある製品を分解し、組み立て、自ら調べて考えながら、その製品をつくり上げている機械工学を学ぶ。製品の仕組みを理解することからスタートし、機械の基盤技術を理解する。

たとえばこんな学び

機械工学専攻

空気抵抗値の低いボディー流体力学
自動車のボディも、飛行機の機体も、実は空気力学や流体力学を最大限に活用した技術の結晶。ものづくりに取り組み、実学に重点を置きながら、社会の問題を解決する力を身につける。

機械創造工学専攻

エンジン
自動車のエンジンを分解し、組み立てながら、エンジンに使われている技術を理解し、自動車、ロボット、航空宇宙産業などに応用できる創造力とデザイン力を身につける。
その他の学び
  • #機械設計
  • #エネルギー工学
  • #産業機械
  • #形状記憶合金
  • #ナノテクノロジー
  • #航空機
  • #宇宙関連機器
  • #ロボット
  • #エンジン
  • #マイコン