ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

愛工大マガジン2018

環境に優しいエネルギーで、国際的な拠点大学へ。■電気工学分野からのアプローチ■応用化学分野からのアプローチグリーンエネルギープロジェクトで、新エネルギー技術を開拓。永年にわたって、省エネルギー、創エネルギー技術の研究開発を進める愛工大。時代が必要とする新エネルギー技術は、多分野の研究分野に支えられている。太陽光を利用する技術と省エネルギー技術の発展をめざして、太陽電池や蓄電池の高効率化と低コスト化、電力変換装置の革新につながる基盤技術の開発、これらのデバイスを高い効率で統合するシステムの研究に取り組む。最先端を切り拓く  #愛工大の研究力 #研究開発 #グリーンエネルギー3 テクノロジーへのチャレンジ生活に欠かせないスマホやノートパソコンの電源となっているリチウムイオン電池。現在レアメタルが使われている正極の電極に、TOTと呼ぶ独自の有機材料を用いて、リサイクルが不要な電池をつくり出す研究に取り組む。資源循環や環境負荷の低減を目的とした先駆的な事例として、愛工大のグリーンエネルギープロジェクトが「2017愛知環境賞」の銅賞を受賞しました。「2017愛知環境賞」銅賞を受賞雪田 和人教授愛知工業大学工学部電気工学科准教授を経て、2012年より現職。再生可能エネルギーとスマートグリッドの研究で、2016年 IEEE Intelec2016Certtificate od Appreciation、2013年エネルギー資源学会学会賞、2010年電気学会 学術進歩振興賞などを受賞。スマートグリッドを支える電力システム技術研究の第一人者。企業からの注目度も高い。工学部 電気学科工学研究科 博士前期課程 電気電子工学専攻 1年(愛知県立春日井東高等学校出身)大脇 大輝さんグリーンエネルギープロジェクトとは再生可能エネルギーによる新エネルギー技術を中心とした、グリーングリッドシステムの開発を目的とした愛工大の研究プロジェクト。環境に優しいエネルギーに関する研究を進め、国際的な拠点大学となることをめざしています。011 A I C H I I N S T I T U T E O F T E C H N O L O G Y