ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

愛工大マガジン2018

「みらい工房」は、工学の原点ともいえる「ものづくり」を通して、「未来づくり」に向け、学生が夢や志、冒険心、挑戦心を養うことができる創造空間。12号館の地下1階にある広い工房内には、木材や金属加工を主とした工作機械があり、自由に使用できる。ものをつくって学び、失敗して技術を磨く場所がここにある。自慢の施設・設備ものを曲線に切る機械。小物をつくるのにも便利。2015年に誕生した新2号館1階の「ロボットミュージアム」は、ロボットの研究風景や研究成果、教育成果を展開する施設。それぞれのルームはガラス張りで、外部からも研究の進捗や成果を見ることができる。ミュージアムの西側の部屋(メカニックラボ)は、三次元加工機や3Dプリンターを備えている。各種ロボットを展示した広いホール。ミュージアムホール6号館機械工場には、マシニングセンタや旋盤といったスタンダードな工作機械から最新鋭の機械まで、多種多様な工作機械を完備。機械学科の実習では、ここで正確に工作する技術を身につける。穴開け、タップのネジ加工などで活躍する機械。ボール盤メタルソー、サイドカッターを使って溝加工などを行う。横フライス盤施設みらい工房ものづくりの楽しさを体験できる創造空間。施設ロボットミュージアムロボットの研究風景を間近で見られるミュージアム。施設機械工場多種多様の工作機械が揃う圧巻の工場。4 探究心に限界はない▲ 糸ノコ盤015 A I C H I I N S T I T U T E O F T E C H N O L O G Y