ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

愛工大マガジン2018

1 3学びのポイント!工学部電気学科電子情報工学専攻電子の流れを制御する電子工学技術と、ネットワークや情報通信システムに代表される情報通信工学。どちらも、目まぐるしく進歩しながら現代社会を支える分野だ。電子情報工学専攻では、電子機器や電子デバイス、ネットワークシステムや情報通信システムの技術を実践的に学び、ハードもソフトも理解できる、電子にも情報にも秀でたエンジニアや研究者を育成している。実験・実習のメインは、3年次に履修する「電子情報工学実験」。アナログ回路の基礎から画像処理プログラミングまで、実験と実習によって電子と情報を学ぶカリキュラムが用意されている。豊富な実験・実習で、理論と技術を身につける。研究のステージは、電子と情報通信の両分野。横断した学びが、未来を大きく拓いていく。4つの電子顕微鏡をはじめ、最先端の研究機器が学内に揃う愛工大。これらの機器の使い方を身につけ、思う存分研究に取り組みながら、専門知識や技術を修得する。他大学に差をつける先進の設備で、専門知識や技術を修得。企業から依頼されたテーマを学生が研究したり、一つの研究を企業と共同で進めたり、産学官連携を進める電子情報工学。研究に取り組みながら、社会人に必要とされるスキルも修得できる。産学官連携により、実社会で役立つスキルを修得。※上記業種の技術職・開発職・企画職・営業職・総合職など情報機器・精密機器などの情報通信関連企業電子回路など精密機器開発・設計関連企業自動車関連・精密機器などのメーカー電気関連総合商社建設・建設設備関連企業総合電機・電気関連メーカー公務員どのような職種で活かせるか超音波振動子を使って水を霧化。実験をすることで、新たな好奇心が生まれてきます。電子情報工学専攻 2017年3月卒業井村 大貴さん(岐阜県立岐阜工業高等学校出身)教員研究者2一例029 A I C H I I N S T I T U T E O F T E C H N O L O G Y