ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

愛工大マガジン2018

その他の研究室一覧エネルギー材料化学研究室蓄電池とは、電気を化学エネルギーに変えて蓄え、電気エネルギーとして取り出せる装置のこと。しかし、化学反応に頼らない充放電メカニズムを複合化した蓄電池もある。それが電気化学キャパシタで、数秒で充電できると同時に、瞬時に多くの電気エネルギーを放出できる点が特徴だ。一般的に蓄電池の電極材料の一部には金属が、合成には有機溶媒などが使われているが、このエネルギー材料化学研究室では、金属も有機溶媒も使わずにキャパシタの電極材料をつくる研究に挑んでいる。研究成果はアメリカ化学会誌「ACS Sustainable Chemistry & Engineering」や英国王立化学会誌「Chemical Communications」に掲載され注目を集めている。金属も有機溶媒も使わない、地球に優しいキャパシタを研究。一方、燃料電池自動車の化学反応を促す触媒の開発も行っている。水素で走る自動車が登場したことは記憶に新しいが、この車の燃料電池の触媒は高価な白金である。そこで、より少ない白金や他の安価な金属を用いた触媒の開発に取り組んでいるのだ。研究の目的は、ズバリ世の中の役に立つこと。エネルギーや蓄電池の研究は世界中で行われているが、実用化が難しいものも少なくない。しかし合成手法を確立すれば、環境負荷の小さい実用可能な研究にたどり着くことも可能なのである。エネルギー&環境問題がさらに深刻になる未来のために、研究室の挑戦に期待したい。燃料電池に使われる高価な白金に代わる材料の開発も。環境負荷を減らし、価格を下げるために。地球にも人にも優しい、夢の電池の開発をめざして。溶媒や金属を使わないキャパシタの電極材料として研究に欠かせないのが、活性炭である。活性炭は、微細な穴に分子を吸着させる性質を持つ。脱臭剤にも使われる身近な材料が、エネルギー問題に貢献する。化学はこれだから面白い。活性炭専門分野は、電気化学、材料化学。趣味は研究、論文を書いている時が一番幸せ、と語るほどの研究好き。成功体験を積み重ねることが好きになる秘訣だとか。研究の楽しさを知るためには、実験で何が起こっているか、その実験の学術的な意義が何であるかを理解することが重要。実験がうまくいかない時は、先生自らが一緒に実験に取り組んでくれるのも、研究室の大きな特徴だ。工学部 応用化学科糸井 弘行 准教授実学教育1 2 3セラミックスに代表される無機固体物質を中心に、材料に関する先進的な研究を展開。高性能・高機能セラミックスの開発をめざしているほか、新しい材料を設計して創造する研究にも取り組んでいる。セラミックス化学研究室高機能性・多機能ウレタン系高分子材料の開発を目的とした研究に取り組んでいる。ポリウレタンの原料組成を変え、新しい特性を備えた材料を作ることで、高強度化や熱安定性の向上もめざしている。高分子材料化学研究室π電子系有機分子の分子設計と精密有機合成を基盤にし、有機物の特徴を活かした機能性材料(有機二次電池、有機太陽電池、有機半導体、量子ビット等)の開発に挑戦している。物性有機合成化学研究室http://www.ait.ac.jp/nyushi/lab/cc/応用化学専攻の全研究室を詳しく公開興味 Max POINT!研究室興味シ ンシン!動画配信ありCHECKA I C H I I N S T I T U T E O F T E C H N O L O G Y 034工学部 応用化学科 応用化学専攻