ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

愛工大マガジン2018

1 3学びのポイント!バイオ環境化学は、生命機能について分子レベルで明らかにする、生命と化学を両立させた専攻。1~2年次は応用化学専攻と共通のカリキュラムで学び、3~4年次は、より高度な専門知識と実験・分析技術を身につける。医薬品や高度分析能力を持つ環境センサ、生体試料センサや高性能触媒、バイオ燃料など、化学の知識を応用して夢を実現させる、化学技術者を育成する。1・2年次に化学の基礎を学び、2年次から基礎化学実験、環境・分析化学実験などの実験がスタート。専門的な実験のノウハウはもちろん、レポート作成能力や、プレゼンテーション能力も修得する。3年次は、化学計測学やバイオミメティック化学など、専門分野の研究に挑戦する。化学の基礎を学び、土台を築いた後、2年次から実験スタート!生命と応用化学のコラボから生まれる、無限の未来に挑戦しよう!バイオテクノロジーと環境分析を結びつけたバイオ環境化学は、新しい分野の学問。新薬や機能性触媒の開発、バイオセンサの開発など、卒業後の道も無限に広がっている。新しく、将来性のある研究分野。応用化学科には、学部生を積極的に学会に参加させる研究室が多い。研究した結果を学会で発表し、同世代の学生や学外の研究者の意見を聞くことで、視野と人脈が広がっていく。この人脈が卒業後の財産になることも。視野と人脈を広げるために、学会での発表にも取り組む。※上記業種の技術職・開発職・企画職・営業職・総合職など化学製品・医薬品などの研究開発企業繊維・衣料・合成樹脂などの新素材研究開発企業食品・化粧品などのメーカー医薬品メーカー環境関連分野の研究開発企業自動車部品・電子部品などのメーカーエネルギー関連企業工学部応用化学科バイオ環境化学専攻どのような職種で活かせるかDNA/RNA自動核酸合成機を用いて、RNAを合成。がんの新しい治療法につながる研究に取り組んでいます。バイオ環境化学専攻 2017年3月卒業柴 康太さん(人間環境大学岡崎学園高等学校出身)セラミックス・合成樹脂メーカー教員研究者2一例037 A I C H I I N S T I T U T E O F T E C H N O L O G Y