ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

愛工大マガジン2018

1 3学びのポイント!機械工学の基礎となる「機械製図」の講義を1年次前期から開講。必要な基礎知識とともに、正しい図面の描き方を学ぶことが、機械工学専攻のファーストステップとなる。講義を通して機械工学のおもしろさにも気づいていく。機械工学は、基盤技術を基礎に、先端材料、ナノ、バイオメカニクス、環境とエネルギー、センサーなどの最先端分野まで、幅広い科学を学ぶ専攻。基礎から系統的に学べるカリキュラムを編成し、2年次からは産業現場と同じプロセスに沿って「統合設計製作」の実習に挑み、生きた技術力を身につけていく。めざしているのは、中部圏の「ものづくり」産業をはじめ、多様な分野で活躍できるエンジニアだ。1年次から、まずは機械製図にチャレンジ!ものづくりに挑みながら、グローバルに活躍するエンジニアへ。6号館1階の機械工作ファクトリーは、自分の手でものづくりを学ぶ場所。最新の機械や実験器具を駆使し、機械の名称や役割を知り、金属を削ったり、切ったりしながら、実践的な技術を身につける。設備が整った機械工作ファクトリーで、ものづくりを学ぶ!地球規模で低炭素化社会の実現が叫ばれる時代にあって、エネルギーや環境は、エンジニアにとって必須のテーマ。未来を見据えて問題解決の道を探究しながら、幅広い知識を身につけていく。エネルギー、そして環境。地球にやさしい学びも豊富。自動車・ロボット・航空宇宙関連企業産業機械・機械部品などのメーカーナノ・バイオメカニクス関連企業各種機械の設計開発企業環境・エネルギー開発などの先端開発職金属加工などの製造業全般機械関連総合商社工学部機械学科機械工学専攻どのような職種で活かせるかナノサイズの粒子群に金属膜をコーティングする。最先端の実験には、いつもワクワクがある。機械工学専攻 2017年3月卒業加藤 大輔さん(愛知県立豊田高等学校出身)教員研究者※上記業種の技術職・開発職・企画職・営業職・総合職など2一例041 A I C H I I N S T I T U T E O F T E C H N O L O G Y