ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

愛工大マガジン2018

※印は必修科目*科目名や開講期は変更する場合があります人間性を培う幅広い知識と素養の育成基礎学力・知識の修得専門基礎の修得専門技術・知識の修得人間性の教育・専門性の教育の統合(キャリア教育)PICK UP講義グループに分かれ、テーマに沿った機械を製作する。授業で修得した技術を駆使し、自らの発想を実現するために、技術的な試行錯誤を通して応用力を養う。機械デザインセミナー1年次機械や材料の基礎的な知識など、ものづくり精神の土台を固めます英会話A※英会話B英語A:基礎・科学英語Ⅰ※英語B:基礎・科学英語Ⅱ中国語ⅠA中国語ⅠBフランス語ⅠAフランス語ⅠB技術者倫理ドイツ語ⅠAドイツ語ⅠB健康・スポーツ科学実習Ⅰ健康・スポーツ科学実習Ⅱ日本語リテラシアドバンスエンジニア概論英語C:TOEIC・視聴覚英語Ⅰ※英語D:TOEIC・視聴覚英語Ⅱ英語E:現代比較文化英語Ⅰ※英語F:現代比較文化英語Ⅱアドバンスエンジニアリング英語Ⅰアドバンスエンジニアリング英語Ⅱ中国語ⅡA中国語ⅡBフランス語ⅡAフランス語ⅡBドイツ語ⅡAドイツ語ⅡBキャリア意識形成アドバンスエンジニアリングⅠアドバンスエンジニアリングⅡプロフェッショナルエンジニアリングⅠプロフェッショナルエンジニアリングⅡプロフェッショナルエンジニアリングⅠプロフェッショナルエンジニアリングⅡ生体工学先端材料品質工学卒業研究※統合設計製作Ⅲ※機械設計製図機械工学実験Ⅰ※機械工学実験Ⅱ※生産加工学※制御工学応用計測工学自動車工学概論航空宇宙工学概論ロボット工学概論アドバンスエンジニアリングⅠアドバンスエンジニアリングⅡセンサ・アクチュエータ工学化学数値解析法伝熱工学生産プロセス工学流体システムエネルギー変換工学マイクロ・ナノ工学工学基礎数理及び演習※微分積分Ⅰ及び演習※線形代数Ⅰ※線形代数Ⅱ※材料力学Ⅰ※材料力学Ⅱ※機械力学Ⅰ※機械製図Ⅰ※機械製図Ⅱ※機械工学セミナー機械デザインセミナー機械材料※材料工学プログラミング※電気工学アドバンスエンジニア概論コンピュータリテラシ物理学(力学)※日本語リテラシ微分積分Ⅱ及び演習微分方程式物理学(電磁気学)確率・統計 統合設計製作Ⅰ※統合設計製作Ⅱ※物理実験※機械設計工学※機械要素設計機構学※電子回路応用材料力学制御工学※アドバンスエンジニアリング英語Ⅰアドバンスエンジニアリング英語Ⅱ機械力学Ⅱ※流体力学Ⅰ※流体力学Ⅱ※熱力学Ⅰ※熱力学Ⅱ※技術者倫理キャリア意識形成職業指導インターンシップインターンシップ実習と演習で構成される。実習では工作機械を使用して正確に工作し、演習ではテクニカル・スケッチや鋳造法などに取り組む。統合設計製作Ⅱ2年次ものづくり産業に関わる基盤技術をしっかり学びます歯車機構の設計を課題とし、基本計画、各部の強度計算などを経て2次元CADによる製作図面の作成までを行い、機械設計の基本計画から製図までを実習する。機械設計製図3年次実験などを通して、学んだ知識を実際に使える技術として身につけます講義や実習・実験で身につけた知識・技術を駆使し、1年間通して研究を行い、成果を卒業論文として発表する。問題解決能力やプレゼンテーション能力も身につける。卒業研究4年次社会で役立つエンジニアに向けて先端技術・本格的な技術を修得します英語ワークショップA:プレゼンテーション/英語ワークショップB:リーディング/英語ワークショップC:TOEIC演習/英語ワークショップD:海外留学英語人間性の探究/こころの科学/人間の行動/科学技術と自然と人間/表現文化/現代社会の探究/現代の経済/現代社会と法/日本国憲法/健康の科学/環境と地域共創/創造と倫理/特別講義ものづくり文化/ものづくり文化実習先輩たちの履修例4年間の学びで欠かせないアイテムどんなことを学ぶの? カリキュラム最新の機械工学を追究する力を育むために。研究手帳item小さいころから飛行機が好きで、自分でつくってみたいという夢を持っていたため、機械工学を専攻しました。時間割を組み立てる時は、卒業単位数ギリギリにするのではなく、自分が興味を持てる科目は可能な限り履修しようと考えました。2年次に履修した「流体力学Ⅰ・Ⅱ」は、航空機の設計において一番重要な科目でもあり、特に力を入れました。卒業後は、憧れの航空業界への道を拓くために、大学院に進学します。工学部 機械学科 機械工学専攻 2017年3月卒業夏堀 亜衣さん (愛知県立春日井高等学校出身)もともと授業やテストの予定や毎月の目標を書く手帳を愛用していたので、4年次はこれに研究手帳を加え、その日の実験の条件などを細かく記入しました。グラフをプリントして貼っている先輩の手帳を参考にし、書き方も工夫することで、頭の整理ができ、研究をスムーズに進めることができるようになりました。現代の経済中国語ⅠA機械工学セミナー工学基礎数理及び演習機械製図Ⅰ機械材料英会話A材料力学Ⅰ技術者倫理プログラミング英語コミュニケーションAコンピュータリテラシ線形代数Ⅰ材料工学物理学(力学)機械デザインセミナープログラミングこころの科学微分積分Ⅰ及び演習機械製図Ⅱ機械力学Ⅰ英会話B材料力学Ⅱ日本語リテラシ電気工学英語コミュニケーションB線形代数Ⅱ英語コミュニケーションC人間の行動物理学(電磁気学)熱力学Ⅰ英語コミュニケーションE流体力学Ⅰ人間性の探究統合設計製作Ⅰ微分積分Ⅱ及び演習機械力学Ⅱ機構学機械設計工学英語コミュニケーションD制御工学科学技術と自然と人間熱力学Ⅱ英語コミュニケーションF機械要素設計流体力学Ⅱ統合設計製作Ⅱ物理実験微分方程式応用材料力学表現文化PE概論PE英語基礎Ⅰ統合設計製作Ⅲ機械工学実験Ⅰ計測工学生産加工学制御工学応用確率・統計航空宇宙工学概論自動車工学概論伝熱工学応用数学英語ワークショップCPE英語基礎Ⅱ機械工学実験Ⅱ機械設計製図数値解析法流体システム1時限月火水木金1年前期2時限3時限4時限1時限月火水木金後期2時限3時限4時限1時限月火水木金2年前期2時限3時限4時限1時限月火水木金後期2時限3時限4時限1時限月火水木金3年前期2時限3時限4時限1時限月火水木金後期2時限3時限4時限043 A I C H I I N S T I T U T E O F T E C H N O L O G Y