ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

愛工大マガジン2018

1 3学びのポイント!興味がある製品、魅力を感じる製品について、自ら調べて考えながら、その製品に求められる機能としくみについて学ぶのが機械創造工学の特徴。製品を分解し、もう一度組み立てることでそのしくみを理解し、機械の基盤技術の理解へと進むことで、専門性を身につける。社会で活躍できる豊かな人間性を持ち、自ら考えて行動できるエンジニアを養成する。製品を教科書に機械を学び、エンジニアとして第一歩を踏み出そう!販売されている製品を一度分解して組み立てることで、その製品が動くしくみや使われている部品、応用されている技術を学ぶのが機械創造工学。愛工大独自のアプローチによって、機械を徹底的に理解する。製品を分解して組み立てることで、ものづくりの知識と技術を修得。3年次からは、航空宇宙コース、自動車コース、ロボットコースという3つの中から希望のコースを選択し、さらに専門性を深めていく。宇宙、自動車、ロボットと憧れていた世界が一歩ずつ近づいてくる。より専門的に、より夢の近くへ。3年次以降は、3つのコースから選択。ロボットコンテストや鳥人間コンテストなど、チャレンジできるコンテストが盛りだくさん。学生は楽しみながらものづくりに挑み、その分野と技術に精通していく。こうした機会を通して、チームワークの大切さやリーダーシップを学んでいく。コンテストやコンクールにも果敢にチャレンジ!※上記業種の技術職・開発職・企画職・営業職・総合職など自動車・ロボット・航空宇宙関連企業産業機械・機械部品などのメーカーエンジンなどの動力開発関連企業電気製品・各種機械の設計開発企業産業ロボットなどの制御機械関連メーカー金属加工など製造業全般金属加工などの製造業全般機械関連総合商社工学部機械学科機械創造工学専攻どのような職種で活かせるか狭い空間での走行を実現するために、制作したロボットの走行試験も繰り返します。機械創造工学専攻 2017年3月卒業伊藤 大貴さん(愛知県立五条高等学校出身)教員研究者2一例045 A I C H I I N S T I T U T E O F T E C H N O L O G Y