ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

愛工大マガジン2018

1 3学びのポイント!住宅をはじめとする空間には、心地よさも安全性も必要。建築学では、住宅、商業施設、学校、中高層ビル、文化施設、都市計画、再開発などをテーマに、「計画・意匠」「構造・材料」「環境・設備」の3分野をバランスよく学び、総合力のある専門家を育成する。現役建築士を講師に招いた「アトリエ方式」の講義など、業界の今がわかる実践的なカリキュラムも豊富だ。人が活動する空間を対象に、心地よさと安全性を創造する!大学を卒業すれば受験できる二級建築士とは異なり、一級建築士の取得には、2年以上の実務経験が必要となる。この土台をしっかりつくり、多くの一級建築士を輩出する建築学専攻。合格率は全国でも上位を誇る。土台をしっかりつくり、卒業後は一級建築士をめざす!建築に必要とされるのは、建物を建てるだけでなく、環境や設備、人をも考慮した総合的な視点。このため、心理学や環境の講義もカリキュラムに組み込み、総合的な視野を持った人材を育成している。環境、設備、そして人。建築を仕事にするための多角的な視点を養う。巨大な研究設備で行う実験は、建築現場を想像させるダイナミックさが特徴。一方で造形&設計能力を養うクリエイティブな実習も行っている。創造した作品は、建築設計競技(コンペティション)に積極的に出品する。ダイナミックな実験からクリエイティブな実習、建築設計競技まで。大手ゼネコン住宅・建築材料・省エネ設備などのメーカー建築・設計事務所工務店などの施工関連企業建築設備・資材関連企業公共施設・都市開発関連企業工学部建築学科建築学専攻どのような職種で活かせるか積載荷重装置の設定に集中。建物を建てる時に必ず必要となる技術は、実習で学びます。建築学専攻 2017年3月卒業佐古 一貴さん(愛知県立高蔵寺高等学校出身)教員研公究務者員※上記業種の技術職・開発職・企画職・営業職・総合職など2一例057 A I C H I I N S T I T U T E O F T E C H N O L O G Y