ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

愛工大マガジン2018

やる気も可能性も全力で応援!学生チャレンジプロジェクト。まったくタイプの違う2つのレースにチャレンジし、見事にEne-1 GPで2位に輝いたプロジェクトがある。知識、技術、マネジメント、そして資金。あらゆる課題に真っ向から勝負を挑む、学生たちのチャレンジから目が離せない。愛工大には未来に挑戦できるプロジェクトがある。#チャレンジプロジェクト #ものづくり #ソーラーカー1 可能性へのチャレンジソーラーカーレースとは、車の表面に太陽電池パネルを取りつけ、そこから得られる太陽エネルギーを動力に用いて走るソーラーカーによる競技。毎年、鈴鹿サーキットで、国際自動車連盟(FIA)公認の世界最高峰のソーラーカーレースが開催されている。一方、充電式単三電池40本だけを動力に使用した手づくりのマシンでサーキットを走り、1周のタイムを競うのが「Ene-1 GP」。こちらも毎年、鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎで大会が開催されており、次世代エネルギーのレースとして高い人気を誇っている。これらのレースに挑戦しているのが、「ソーラーカーレース鈴鹿に向けた新たな車両製作」と「Ene-1 GP SUZUKA KV-40チャレンジへの参加」という2つの学生チャレンジプロジェクト。いずれも電気学科の学生によるサークル「AITEP」が主体となり、電力システム工学研究室のメンバーとともにチームを編成している。ソーラーカーとEne-1 GP、2つのレースにチャレンジ。005 A I C H I I N S T I T U T E O F T E C H N O L O G Y