ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

愛工大マガジン2018

その他の研究室一覧ユビキタス情報処理研究室スマートフォンのGPS機能を利用して家族や友人の位置を推定することが可能な時代になったが、相手が屋内にいると正確な情報を得ることは難しい。そこで、回転する磁石を組み込んだ小型の磁場マーカとスマホの磁気センサを使って、屋内を移動する人の位置を推定する研究を進めている。これはNTTドコモとの共同研究で、災害時にも役立つことから実用化が期待されている。一方、屋内測位システムのアイビーコンとスマホの通信機能を利用して、誰がどの部屋にいるかを特定する研究にも取り組んでいる。「今、誰が研究室にいるか?」。わざわざ電話やラインをしなくても、画面を見るだけで情報が入手できる便利なシステムだ。屋内に入っても、人の位置が推定できる技術を開発。両手がふさがっている時にスマホ操作したいと思ったら、音声認識が便利である。しかし、電車の中や周りが騒がしい場所では音声認識は使いづらい。そこで、内臓されているマイクを用いて、スマホ自体をタップしたり、手拍子などの音を出すだけで、リズムパターンを認識し、対応する機能を動かす研究も進めている。身近なスマホの機能を活用した研究は学生にも人気が高く、配属を希望する学生は多い。こうした学生たちのモチベーションを高め、成功体験を増やすことで、新しい技術や機能が生まれていく。この研究室が、スマホをさらに進化させる。身近なスマートフォンの機能を利用して、今ある便利を「もっと便利」に変えていきたい。スマホや家電にも装備され、日常生活の中にあふれているセンサだが、目的によってさまざまな種類がある。音、光、圧力など、検出・計測するものも多種多様。研究室では、数々のセンサを駆使し、もっと便利を追求している。センサ専門分野は、モバイル・ユビキタスコンピューティング、音楽情報科学。NTTドコモとの共同研究により、DICOMO2016シンポジウムで最優秀論文賞を受賞し、今、勢いのある若手研究者の一人。研究室の取り組みは、可能な限り論文にまとめ、学会で発表することをめざしている。このため、学会発表の機会も多く、時には准教授が発表する学会に同行してその雰囲気を体験する。自分の研究も世に出したいというモチベーションが生まれれば、学生はまた一つ階段を昇る。情報科学部 情報科学科梶 克彦 准教授挑戦の機会12367810動画配信ありCHECK研究室興味シ ンシン!センサネットワーク、車々間ネットワーク、シームレスネットワークなど無線ネットワーク技術に関する課題を包括的に研究している。 モバイルコンピューティング研究室モダン・ヒューリスティクスによるシステムの最適化や古典的手法による最適化あるいは準最適化に関する研究に取り組んでいる。数理システム研究室自律分散ロボットのチームワークを主題に、ソフト・ハードの両面から災害救助およびサッカーシミュレーションの研究に取り組んでいる。分散人工知能研究室仮想化技術を用いた高可用、高信頼サーバーの構築と運用管理技術に関する研究、「ETロボコン」などロボット競技をベースにした技術者教育に関する研究、気象情報を活用した再生可能エネルギーの有効利用に関する研究、eラーニングツールのモジュール開発などに取り組んでいる。情報基盤システム研究室建物や街並を3DCGでコンピュータ上に再現し、防災や都市計画等の分野に応用する。NFCタグやタブレット端末等のICTを用いた新システムによるビジネスモデルの確立をめざす。土木情報・防災情報研究室ハミルトンパスの高速作成法、絵画的迷路の構築、一筆書き閉路とオイラーグラフに関する研究など、グラフ理論の基礎および応用研究を行っている。成果はOpen Access Journalで発表。応用グラフ理論研究室45 912システムの「正しさ」を証明する手法、フォーマルメソッドについて取り上げ、情報技術に対する安心・安全の確立をめざして研究している。情報基礎理論研究室ニューラルネットワークによる学習を利用した現象(システム)支配因子同定法の開発をはじめ、ニューラルネットワークの応用を研究。知能工学研究室各種の機械・機器に組み込まれて動作するコンピュータシステムを正しく効率よくさせる研究に取り組んでいる。組込みシステム研究室ICTを教育に活用するためのシステムを研究。基盤となるセキュリティやモバイルコンピューティングに関する研究も行っている。情報教育システム研究室コンピュータによる組み合せ問題の効率的な解法、並列計算、人工知能、データベースなどを研究。組み合せ情報処理研究室11物流システムや情報システムなど、ものや情報の流れの制御が中心となるシステムを対象に、その計画・設計・制御に関する研究を進めている。システム解析制御研究室http://www.ait.ac.jp/nyushi/lab/kk/コンピュータシステム専攻の全研究室を詳しく公開興味 Max POINT!A I C H I I N S T I T U T E O F T E C H N O L O G Y 078情報科学部 情報科学科 コンピュータシステム専攻