日本学生支援機構奨学金(テスト) 奨学金・学資ローン

日本学生支援機構奨学金

担当:八草キャンパス学生サービスグループ、自由ヶ丘キャンパス事務室

予約採用(学部)

高校在学中に奨学金(貸与型・給付型)を申込みし、採用候補者として決定している方が対象です。

文部科学省 修学支援新制度における「授業料等減免」についてはこちら

1. 採用までの手続きの流れ

高校で配付された採用候補者のしおりをよく読み、期限内に所定の手続きを行ってください。
手続きの具体的な日程については、入学後に配付する書類を確認してください。
なお、奨学金が不要となった場合は、辞退の申し出及び手続きは必要ありません。

※高等学校を通して奨学金の予約を申し込み、採用候補者として決定された方向けに、進学前に用意しておくべき書類や進学後の手続き等について、日本学生支援機構のホームページで動画を公開しています。

時期貸与奨学金給付奨学金
4月上旬 大学へ採用候補者決定通知提出
日本学生支援機構へ「進学届」提出
4月~6月 初回奨学金振込
5月~7月 採用時説明会に出席
6月~7月 「返還誓約書」提出 「誓約書」提出

※進学届提出時期により異なります。

在学採用(学部)

大学入学後に奨学金(貸与型・給付型)の申込みを希望する学部生の方(在学採用)が対象です。
経済的に困難な状況にある優れた学生に対し奨学金が貸与・支給されます。

文部科学省 修学支援新制度における「授業料等減免」はこちら

1. 採用までの手続きの流れ
時期貸与奨学金給付奨学金
4月上旬 申込説明会に出席(ポータルサイト等にてお知らせします)
4月下旬 申込書類提出
4月下旬 インターネット申込
6月中旬以降 奨学金の振込を確認
6月下旬以降 採用時説明会に出席
7月上旬以降 「返還誓約書」提出 「誓約書」提出
2. 申込基準
対象種類学力基準家計基準
1年次 第一種奨学金 出身高校の評定平均値が原則3.5以上 世帯人数、家族構成等により異なります。
第二種奨学金 出身高校の評定平均値が上位2/3以上
2年次以上 第一種奨学金 所属専攻における前年度の成績が上位1/3以上
第二種奨学金 所属専攻における前年度の成績が上位2/3以上

※ 家計基準の詳細は日本学生支援機構のホームページでご確認ください。

3. 貸与月額
対象種別通学形態月額
学部

第一種奨学金

(無利子)※1

自宅から 2万円・3万円・4万円 5.4万円※2
自宅外から 2万円・3万円・4万円・5万円 6.4万円※2

第二種奨学金

(有利子)

通学形態に係わらずいずれも選択可 2万円~12万円の間で1万円単位で選択

※1 給付奨学金と併せて貸与を受ける場合、月額の上限額が制限されます。詳しくは日本学生支援機構のホームページでご確認ください。

※2 生計維持者の年収が、日本学生支援機構の定める基準額以下の場合のみ選択できます。

予約採用(大学院)

大学院入試に合格した方を対象に学生サービスグループからお知らせします。

在学採用(大学院)

入学後に学生サービスグループからお知らせします。

PAGE
TOP