センター長挨拶(テスト) 地域防災研究センター

地域防災研究センター長挨拶

愛知工業大学地域防災研究センター(DPREC: Disaster Prevention REsearch Center)は平成16年度文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業・産学連携研究推進事業に採択された「地震情報の活用と防災拠点の形成による地域防災力向上技術の開発」プロジェクトの拠点として平成17年4月に愛知工業大学八草キャンパス内に設立されました。

本学が立地する豊田市は日本有数の産業集積地域であると同時に地震災害が最も危惧される地域でもあります。もっとも重要な地元産業を南海トラフ巨大地震等の災害から守る技術を開発することは、本センターの大きな研究課題です。企業の社員は家に帰れば地域住民であり、職場で獲得した防災に関する知見を地域の自主防災会やコミュニティにおいて活用できる人材でもあります。被災後は雇用の問題が顕在化します。地域の復興は企業の復興なくしてはあり得ません。この様な観点から、地元企業を災害から守る、そのための技術を開発していく事がセンターの責務です。具体的には、緊急地震速報配信事業、企業の防災担当者による連携組織「地震に強い地域づくりの会:あいぼう会」設立、社会人防災マイスター養成講座開催等の活動を行っております。

安全安心なまちづくり、地域づくりも重要な研究課題であり、地域住民の方々との連携もまた積極的に進めております。学校生徒と地域住民との共同まち歩き・防災マップ作成、津波海上ハザードマップ作成、海水浴場津波避難訓練支援、本センター見学・研修会等の開催を通じて地域防災力向上に貢献できるよう努めています。

令和元年度で見ると、愛知県と協力して実施してきた「シェイクアウト訓練」では、参加登録者85万人を突破しました。また、地域防災研究センターの見学会については、自治会など地域ボランティアの方々・企業・高校生・PTA・他大学・海外の大学など約1,000名の方にご見学いただいています。

今後も地域の防災町医者として地域のために貢献していきたいとスタッフ一同願っております。皆様方のご支援をお願いし、ご挨拶とさせて頂きます。

愛知工業大学 土木工学科 教授

地域防災研究センター長

横田 崇

PAGE
TOP