人にやさしい遠隔操縦付き自動運転車開発プロジェクト

【学部学科等の垣根を越えた分野横断型研究】
人にやさしい遠隔操縦付き自動運転車開発プロジェクト
AIT Project on Human‐friendly Autonomous Vehicle with Remote‐control: HAVRec

研究の背景

近年、過疎地や都心部で運転免許を返上した高齢者の交通手段として市街地における自動走行車の実現は急を要する。しかし、現在研究が盛んな完全自動走行車の多くは、高速道路や自動走行車用のインフラ設備が整った限定空間での実現が優先されている状況である。自転車や歩行者、他の自動車が多く行き交う市街地では、様々な状況を想定すると安全保証のための技術的課題が多岐に亘る上、各々のレベルが著しく高いからである。自動走行車をめぐるこのような需要と供給のずれに対し、通常時の車両制御や障害物検知等の周辺監視は現状の技術の範囲で自動走行車自身が行い、それが持て余す状況においては遠隔地の監視者に状況判断・遠隔操作を求める形態の自動走行車も検討が始まっている。しかし、現状の完全自動運転における遠隔操縦は非常時における緊急手段的な意味合いが非常に強く、未解決・未着手な課題が多数存在する。

研究の目的

本研究では「人間が得意とすることは人間が、機械が得意とすることは機械が行う」という概念に基づき、自宅敷地内や駐車場といった、時に交通ルールに反した運転が必要とされる「ラスト100ヤード」の走破を目指した遠隔操縦付き自動運転システムの実現を目指す。更に、本研究では「人にやさしい」をキーワードに、【1】遠隔操作する操縦者の負担が軽い、【2】自動運転車の搭乗者が安心して乗ることができる、【3】自動運転車の周囲に存在する他車、自転車、歩行者が自動運転車に安心感を持てる、遠隔操縦付き自動運転システムの実現を目指した要素技術並びに全体システムの開発を行う。上記研究の実機プラットフォームとして、豊田市より貸与頂いた一人乗り電気自動車「COMS(コムス)」を使用する。

想定する遠隔操縦付き自動運転車の研究・開発内容の概念図

  • 想定する遠隔操縦付き自動運転車の研究・開発内容の概念図
PAGE
TOP