名駅地下街の防災力と利便性の向上および維持管理の効率化

【学部学科等の垣根を越えた分野横断型研究】
名駅地下街の防災力と利便性の向上および維持管理の効率化 ~3次元の切り口から~

研究の目的

名古屋駅を中心として地下街と地下駅からなる地下空間ネットワークが形成されているが、その中核をなす地下街を対象とした研究である。名駅地下街の3次元モデルを切り口にして、3次元避難シミュレーションによる、適切な避難誘導方法の検討、3次元バーチャルリアリティ空間を利用した自己位置把握方法の提案、地下空間には欠くことのできない空調設備のモデル化や点検記録のデータベース化により、名駅地下街の防災力と利便性の向上や維持管理の効率化の方法を具体的に示すことが研究の目的である。

研究内容・実績

2017年度
地下街の3次元モデルを作成するために必要となるデータを様々な角度から収集。土木測量が可能な場合には、3次元レーザ計測機や写真計測機を使って測量。躯体図面が入手できる場合には、現況との差異を現場で確認したうえで躯体図を利用。その他、公開されている信頼できる情報を利用。入手した情報を基に、3次元モデルを作成。
2018年度
防災力の向上
各地下街単位で外水氾濫を想定した避難シミュレーションを実施。滞留発生場所を明らかにするとともに、望ましい避難ルートを検討。
利便性の向上
自己位置把握の手がかりが失われやすい地下街であるが、その手がかりを地上の建物や風景から得ることができるよう、携帯端末を使い地下街にいながら地上を透視できるARアプリケーションを作成。
維持管理の効率化
地上と同じように、安全に来街者が地下街を利用できるようにするため、地下街には大規模な空調設備が導入されている。日常点検や月例点検などで生成される膨大なデータを効率よく記録・保存し、必要なデータをピンポイントで閲覧できるデータベースを作成。
2019年度
防災力の向上
地下街からの避難先は地上の歩道であるが、駐輪場や電柱などの設置物により避難先エリアが限定されてしまう。このような避難先の環境を考慮したシミュレーションを行い、避難元から避難先までを含めたトータルでの避難方法を検討。
利便性の向上
地下街には地下1階の商店街の下に、地下2階として駐車場が併設されている場合がある(エスカとユニモール)。エスカを対象にして、地下駐車場の利用者も含めた地下街全体の利用者に対して、迷うことなく目的の場所(店舗や駐車位置)に向かうことができるARアプリケーションを開発。
維持管理の効率化
作成したデータベースを管理業務担当者からの意見を反映して改良するとともに、空調機械室の3次元モデルを作成し、維持管理担当者の新人教育に役立つような訓練コンテンツを作成。

各分野横断のイメージと教員一覧

  • 各分野横断のイメージと教員一覧
PAGE
TOP