建築学専攻(テスト) 建築学科

建築学専攻
活躍のフィールドは世界。
時代が求める建築家の
スタート地点
住宅、商業施設、学校、中高層ビル、文化施設、都市計画、再開発などをテーマに、「計画・意匠」「構造・材料」「環境・設備」の3分野をバランス良く学び、総合力のある専門家を育成する建築学。現役建築士を講師に招いた「アトリエ方式」の講義など、業界の今が分かる実践的な学びも豊富です。

建築学専攻の学びのポイント

  1. 建築学に求められる
    3分野を総合的に学ぶ
    1年次から工学全般と建築学の基礎科目を学んで建築技術者としての基礎学力を身につけ、「計画・意匠」「構造・材料」「環境・設備」の3つの分野をバランスよく学ぶことで総合力を身につけます。
  2. 環境、設備、そして人。
    建築の
    多角的な視点を養う
    建築家や建築技術者には、環境や設備、人をも考慮した総合的な視点が求められます。このため、心理学や環境の講義もカリキュラムに組み込み、総合的な視野をもった人材を育成しています。
  3. 自分に合わせて
    学びを選択できる
    カリキュラム
    単体の小規模建築から大規模な複合建築へ。基礎科目から応用的な専門分野へと徐々に移行し、一人ひとりの関心に合わせて主体的な学びを選択できるカリキュラムによって、実践力を養成しています。

住宅から高層建築まで、総合力を鍛え、養う

身近な社会で見つける学びの魅力

芸術性、機能性、安全性の全てを備えた理想の建築物の実現を目指し、高度な実践力を養います。
オフィスビル 耐震性や快適さ、セキュリティなど、ハイテクビルには最新の建築技術があふれています。
生産工場 安全性と効率的な生産現場を実現するため、総合的な設計技術・知識と、センスが求められています。

建築学専攻の内容

PAGE
TOP