住居デザイン専攻(テスト) 建築学科

住居デザイン専攻
身近な住宅を対象に、
住環境のエキスパートを目指す
住宅やインテリアに興味を持つ文系出身の学生にも、数学や物理などの科目も基礎から分かりやすく教育する住居デザイン専攻。意匠や環境など、居住空間を中心に学ぶために、小規模構造や室内環境、インテリアに力を注ぎながら、生活者の多様なニーズに応えられる幅広い教育を展開します。豊かな生活空間をデザインする感性豊かな人材を育成します。

住居デザイン専攻の学びのポイント

  1. 1・2年次は、
    建築学に必要な
    基礎を学ぶ
    1・2年次は、「建築概説」や「設計製図」、「建築計画学」など、建築学専攻と同じカリキュラムを履修します。大規模構造物も住宅も、基礎をしっかり学ぶことが、めざす道への近道になります。
  2. 身近な住宅を対象に、
    住まいのエキスパートを
    めざす
    住居デザイン専攻の学びは、身近な住宅が対象です。建物の設計だけでなく、住環境やまちづくり、インテリアに関する知識も修得することで、住まいのエキスパートをめざします。
  3. 住宅やショールームにも
    足を運び、
    生きた学びを実践
    家具や住宅設備機器のショールーム、一般住宅を訪問し、設計者や住む人の生の声を聞くのも住居デザイン専攻の大きな特色のひとつ。生きた学びによって実践力を養い、トレンドや最新設備も学びます。

芸術性を活かして、人々の豊かな生活空間をデザイン

  • ※こちらはレイアウトご確認のためのサンプル画像です

身近な社会で見つける学びの魅力

個人住宅や集合住宅の設計、インテリアからまちづくりまで住環境を創造するプロになる。
ショールーム 思わず目を引く店舗や商品の魅力を引き出す展示など、自分のデザインセンスを発揮できます。
住宅 人々が快適に、安心して住める住宅を実現するには、デザイン力だけでなく幅広い知識が必要とされます。

住居デザイン専攻の内容

PAGE
TOP