応用化学専攻(テスト) 応用化学科

応用化学専攻
豊かな社会生活に不可欠な
新素材や先端技術の開発を担う
応用化学専攻では、低学年の1、2年生では、現代の科学技術を支える化学分野(無機化学、有機化学、分析化学、物理化学、高分子化学、生物化学など)の基礎知識を身につけ、3、4年生では、より高度な専門知識と実験・分析技術を修得し、新素材、新材料の発見を目指す化学技術者を養成します。

応用化学専攻の学びのポイント

  1. 「応用材料化学実験」で
    材料化学の基礎を修得
    3年次に履修する「応用材料化学実験」は、物理化学、有機合成化学、無機化学、高分子化学を対象に、実験を通じて材料化学の総合的な理解を深める授業。実際にさまざまな材料をつくり、基礎を固めます。
  2. 化学の専門的知識を
    活かした
    資格取得が可能
    教養科目を修得することで「高等学校教諭第一種免許状(理科)」を取得できる他、指定科目の修得により「危険物取扱者(甲種)」の受験資格を得ることができます。卒業後に「毒物劇物取扱責任者」の資格取得も可能です。
  3. 卒業研究で、
    最先端材料の
    開発に挑戦
    卒業研究では、環境保護に役立つセラミックス、新しい電池電極材料、新規太陽電池材料、耐熱性に優れたゴム材料など、最先端の材料開発に携わります。研究を通して、実践的な知識を身につけます。

先端材料・機能物質を化学する

身近な社会で見つける学びの魅力

エネルギー材料化学や固体反応化学など、基礎と高度な応用を学び、新物質の創成を目指します。
タイヤ ニーズが多様化するタイヤにも、様々な使用シーンに最適な素材を開発する化学技術が欠かせません。
リチウムイオン電池 エネルギー・環境問題の解決に役立つリチウムイオン電池など、新しい素材の開発に携わっています。

応用化学専攻の内容

PAGE
TOP