機械工学専攻(テスト) 機械学科

機械工学専攻
基盤技術から先端科学まで。
世界を見据え、
生きた技術力を学ぶ
基盤技術を基礎に、先端材料、ナノ、バイオメカニクス、環境とエネルギー、センサなどの最先端分野まで、幅広い科学を学ぶ機械工学。
基礎から系統的に学べるカリキュラム編成で、2年次からは産業現場で行われているプロセスに沿って実習する「統合設計製作」を必修とし、生きた技術力を養います。

機械工学専攻の学びのポイント

  1. 理論と実体験で
    ものづくりの
    基盤を学ぶ
    講義で身につけた理論を実体験型の授業で体験し、確実に知識とスキルを身につけるのが機械工学専攻の学び。中部圏に優れた人材を送り出すために、実学に重点を置いた教育と研究を進めています。
  2. 「統合設計製作」で
    ものづくりの
    一貫プロセスを体験
    2年次から取り組む「統合設計製作」は、産業現場で行われている企画・設計・製作・評価の一貫プロセスを学ぶ授業。実習、演習に力を入れることで、活きた技術力を養います。
  3. 「A.E.プログラム」で
    国際レベルの
    エンジニアへ
    A.E.(アドバンスエンジニア)プログラムは、「機械」に関する高度な知識と技術をもったハイレベルなエンジニアを育成するプログラム。少人数教育によって、国際レベルの資格取得をめざします。

基盤技術から学ぶ機械工学

身近な社会で見つける学びの魅力

機械工学の基礎技術から、マイクロ・ナノ工学、バイオメカニクスなどの最新領域までを学びます。
自動車のボディ かっこいいクルマのボディも、実は空気力学や流体力学を最大限に活用した技術の結晶です。
生産工場 生産性を向上させるために、どんな機械が必要なのか。作るための機械を創る力を身につけます。

機械工学専攻の内容

PAGE
TOP