カリキュラム(テスト) メディア情報専攻

カリキュラム紹介

基礎的な造形力を学んだ後、デジタルコンテンツの制作に挑戦します。

PICK UP 講義

【1年】プログラミング言語の基礎を、演習を交えながら系統的に学びます
  • CGコンテンツ基礎Ⅰ

CGコンテンツ基礎Ⅰ

Autodesk Mayaで3DCG制作の基礎を学び「Nurbs Modeling」「Polygon Modeling」の基本を理解し、演習に取り組みます。モデリングした機器のアニメーションも制作します。
【2年】画像処理やプログラミングなど、体験的な講義で実践力を修得します
  • 画像処理及び演習

画像処理及び演習

画像の入力から、処理・認識、記号出力など、画像処理の基本を学びます。実際にプログラムを書いて実行することにより、実務に役立つ画像処理プログラミングの基礎を修得します。
【3年】ソフトウエアを開発する知識を中心に、関連する分野まで広く学びます
  • ゲームプログラミング

ゲームプログラミング

プログラミングとCD技術を組み合わせたゲームプログラミングを学びます。終盤に取り組む自由制作課題では、コンペやイベント展示など外部評価を得られるクオリティをめざして制作します。
【4年】ソフトウエア開発技術をさらに磨き、高度な研究開発者を目指します

卒業研究・卒業制作

設定したテーマに対して解決策や実現手法を提案し、プログラム作成・コンテンツ制作を通して有効性の実証やクオリティ向上を追究。最終的に論文発表や作品発表を行います。
PICK UP 研究室
  • CGメディア研究室

CGメディア研究室

紙のお絵描きに基づく3次元CG生成、影を使ったインタラクションなど、唯一無二の独自技術を開発。こうしたコンテンツがスヌーピーファンタレーションやハイパージャパンなどの国内外のイベントに採用されました。また、CG界のトップレベルの展示会に毎年出展。東海を代表する研究・制作集団として認知されることをめざしています。
  • 医用画像処理研究室

医用画像処理研究室

病気で苦しむ人を助ける、医療の支援に関して研究しています。開腹手術映像の知的アーカイブは、医師との共同研究。画像処理技術を使い、手術映像を緻密にVR化するシステムを開発中です。ゆくゆくはリアルタイムで遠隔地と手術データを共有することを目標にしています。私たちの夢は、未来の医療でスタンダードとなる技術の開発です。

シラバス検索

開講科目の詳細情報をキーワードから検索することができます。
PAGE
TOP