留学・短期研修体験記(テスト) 国際交流

体験記のご紹介

「学生訪中団」として中華人民共和国へ留学
  • 工学部応用化学科 4年
前田 早弥香さん

その国のことを本当に知るには、
現地を自分で見ることが大切!

工学部応用化学科 4年(2019年時点)
前田 早弥香さん

私が参加した短期研修プログラム「学生訪中団」は、毎年、学生約20人が教職員引率のもとで中国の東亜大学を訪問し、学生同士の交流、南京周辺の観光などを体験するものです。驚いたのは、中国では電子マネーの普及が想像以上に進んでいたこと。露天商にも電子マネーが浸透していましたし、大学の自販機では顔認証で支払いをしている学生がいました。また、街で高級車や電動スクーターを多く見かけたことも印象に残っています。インターネット・新聞などから中国の経済成長や大気汚染対策などの情報は得ていましたが、その様子を肌で感じました。これからもいろいろな国を自分の目で見て、文化や歴史や今を直接感じたい、そんな思いが強くなりました。

留学・短期研修体験アンケート

留学・短期研修に参加した学生の声を、アンケート形式でまとめました。
ニュージーランド語学研修

研修先 | CROWN INSTITUTE OF STUDIES

2月下旬~3月中旬 約3週間

オークランド市や学校について

■オークランド市の環境

  • オークランド市の環境

■オークランド市の治安状況

  • オークランド市の治安状況

■学校の環境

  • 学校の環境

■学校のスタッフ

  • 学校のスタッフ

※円グラフ画像はサンプルです。色味などが変更となる場合がございます。

その他感想
  • この3週間で多くのことを学ぶことができました。英語がわからなくても、留学に行って得るものはとても多いです。迷っているのであれば行くことをお勧めします。
  • 学校が楽しかったです。いろいろな国の人と話せて色々知れて良かったです。
  • 研修先にはスペイン語圏の人も多かったので、スペイン語も学習したいです。
  • 英語を話すことに対するハードルが下がりました。
  • 行く前より英語の学習意欲が高まりました。
PAGE
TOP