NEWS詳細

CGメディア研究室の学生2人がDCC優秀賞を受賞

2020.12.07 受賞・表彰

 情報処理学会の第26回デジタルコンテンツクリエーション研究会(11月・オンライン開催)で発表を行った情報科学科3年の杉浦美衣奈さんと細田菜未さんが、すぐれた研究に対して贈られるDCC優秀賞を受賞しました。

 CGメディア研究室(水野慎士教授)に所属する杉浦さんと細田さんは「ミストの動きに反応するインタラクティブ映像の提案」と題して研究発表しました。

 この研究は、超音波で発生させた霧に映し出すプロジェクションマッピングです。流れる霧を三次元カメラで撮影し、流れの具合に合わせて投影映像をリアルタイムで変化させることで、立体的な霧の可視化と、映像とのインタラクションを実現しています。

 研究会運営委員の投票により、7件の発表の中で最も優れた研究として選出されました。受賞を受け、2人は「先生やメンバーとの協力があってこその受賞です。感謝の気持ちを忘れずに、今後も研究に励んでいきたいと思います」(細田さん)「今後も引き続き、ミストを使ったインタラクティブの研究を行い、より良いものを制作できるように頑張っていきたいです」(杉浦さん)と喜びを話しています。

「ミストの動きに反応するインタラクティブ映像の提案」の映像

  • DCC優秀賞を受賞した細田菜未さん(左)と杉浦美衣奈さん
  • ミストの動きに反応するインタラクティブ映像
PAGE
TOP