NEWS詳細

新型コロナウィルス感染が発生した場合の対応について

2021.04.07 重要

令和3年4月7日

新型コロナウィルス感染が発生した場合の対応について

危機対策本部

 新型コロナウィルスの感染状況は楽観視できない状況が続いています。本学は学生及び教職員の感染が発生した場合、以下の方針に基づき対応します。

1 感染が発生した場合の連絡
 危機対策本部が保健所と連携して、本人から症状、感染経路及び学内での行動について聞き取りを行った後、学内ポータルサイト(L-Cam)にて連絡します。

 学内でクラスターが発生した場合や、学内で感染拡大の危機がある場合は、直ちにL-Cam及び大学HPにて連絡します。

2 公表する情報
 公表する情報は、所属キャンパス及び人数とします。感染した学生及び関係者等の人権への配慮と個人情報保護のために、上記以外の情報を公表することはいたしません。

3 発生後の対応
 学生や教職員の感染が発生し、学内の感染が疑われる場合等は、直ちに危機対策本部にて保健所と連携のうえ、対応を検討します。関係者の安全を第一に考え、学内に滞在することで感染リスクが高まると判断した場合は、キャンパスの入構禁止等の措置を取ります。入構禁止の連絡はL-Camにて行います。

 ※今後の状況は刻々と変化することが予想されます。L-Camを確認して、落ち着いて行動するようにしてください。

PAGE
TOP