h1

ものづくりへの情熱が
夢の実現につながるようにサポート

愛工大では、ものづくりに挑戦する学生を応援する独自の制度「学生チャレンジプロジェクト」を用意しています。つくる場所、材料費、コンテストや大会に参加するための資金を、愛工大がバックアップ。興味があれば誰でも参加でき、申請さえすれば自分でプロジェクトを立ち上げることもできます。クリエイターになるための道は、すべての学生に開かれています。

QRQR
pickup

学生チャレンジ
プロジェクト事例紹介

バッテリーカーの製作及び2023Ene-1 KV-40への挑戦

「Ene-1 Challenge」は、充電式単3電池40本のみを動力源にして、どこまでエネルギーマネジメントを追求した走りができるかを競うもので、三重県鈴鹿市の「鈴鹿サーキット」と栃木県茂木市の「モビリティリゾートもてぎ」で開催されます。こちらに車両づくりから参加しているのが「バッテリーカーの製作及び2023Ene-1 KV-40への挑戦」チーム。プロジェクト代表の山田尚幸さんは、製作の指揮をとり、ドライバーとしてもハンドルを握りました。

SDGs
ex01

単3電池のみのエネルギーで走る自作の車両でレースに挑み、2位に入賞。

高校3年のときに「Ene-1」の課題研究をして以来、「大学生になってコロナ禍が終わり、競技が再開されたらやるぞ!」と決めていました。この競技は、充電式単3電池40本のみという限られたエネルギーを使った自作のバッテリーカーで、いかに長く速く走れるかを競うものです。
上位入賞を狙うためには、空気抵抗や転がり摩擦、機械的なエネルギー損失を抑え、モータや電池の電気的な特性を考慮しながら、車両を設計して製作する必要があります。大会は年2回あり、最初の鈴鹿は7月末。春はチャレンジプロジェクトの予算を申請しながら仲間を集め、車両を製作して大会までに完成させるというスケジュールです。
今回の新メンバーは14人で1年生が多く、普通科高校出身者もいるなか、誰にどの部分を任せられるかを見極め、作業を割り振って技術指導するのが難しかったです。僕は2年次にも競技に参加し、ゴール前の3周目で電池切れした経験があるので、反省を活かし、3年次は車両を製作し直しました。アルミフレームを取っ払い、主な材質をカーボンに変更して、36kgから26kgへ軽量化。また、コースの急勾配に対応できるよう、ギアチェンジを可能にしました。
7月の鈴鹿サーキット国際レーシングコースでの大会は、競技前日に、油圧ディスクブレーキの不調が判明して焦りましたが、みんなで修理し、無事に3周を走り抜くことができました。10月には栃木県茂木市での「2023 Ene-1 MOTEGI GP」に初参戦。悪天候により予定のタイムアタックが中止され、作戦を変更。60分間で何周走行できるかの耐久レースで順位を争い、大学・高専・専門学校のクラスで2位に入賞することができました。
今後は両大会でのクラス優勝をめざし、将来電気自動車や電力エネルギーの分野で活躍できる人材を生むチームをつくり上げていきたいです。

ex2

creators_profile

工学部 電気学科 電子情報工学専攻4年
山田 尚幸さん
愛知県 愛知工業大学
名電高等学校出身

creator

車両の部品はEne-1向けのものの他、自転車のパーツも使用します。製作の説明書はなく、これまでの知識が頼り。次回はモータを変更してクラス優勝を狙います!

学生チャレンジプロジェクト一覧

情熱にあふれる学生たちが、たくさんのプロジェクトを動かしています。
  • pro01

    ハイブリッドロケットプロジェクト

  • pro02

    全日本学生室内飛行 ロボットコンテスト

  • pro03

    ジャパン・スティール・ブリッジ・
    コンペティション2023

  • pro04

    進化計算コンペティションのための
    モジュール開発

  • pro05

    海洋探査ロボットプロジェクト

  • pro06

    食品ロス削減への取り組み
    一期限間近の防災用備蓄食や規格品外等
    訳あり食品を美味しく食べるメニュー開発一

  • pro07

    2023 美浜ミニバイク
    6時間耐久レースヘの参戦

  • pro08

    AIT鉄人プロジェクト

  • pro09

    災害対応ロボット研究プロジェクト

  • pro10

    ミニ四駆AI開発プロジェクト

  • pro11

    RoboCupプロジェクト

  • pro12

    Hondaエコマイレッジチャレンジプロジェクト -50cc 4ストロークエンジンで、ガソリン1ℓの航続距離を競う一

  • pro13

    演算増幅器コンテスト

  • pro14

    AITアイデアクリエイターズ

  • pro15

    インテリジェントものづくりプロジェクト

  • pro16

    自律移動ロボット技術競技会への参加

  • pro17

    変わったものをインタフェースとするゲームの開発と東京ゲームショウ2023での展示および開発技術の学術会議での発表

  • pro18

    かまどベンチを用いた地域コミュニケーション構築の試み

  • pro19

    ETロボコン2023参戦プロジェクト

  • pro20

    豊田市駅前東口まちなか広場
    店舗・芝生広場を利用したにぎわいづくりを目指した社会実験

  • pro21

    宇宙開発プロジェクト

  • pro22

    学生フォーミュラ日本大会
    EV参戦プロジェクト

  • pro23

    東京ゲームショウ2023への出展

  • pro24

    二足及び多足歩行、走行ロボットの製作

  • pro25

    ゲームコンテンツ開発および東京ゲームショウへの出展

  • pro26

    データサイエンスを活用した小学生から高校生までのデータ数理教育

  • pro27

    レスキューロボット実用化プロジェクト

  • pro28

    学生による空き空間の活用を通した
    プレイスメイキング

pagetop