• 新着情報
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  • 愛知工業大学 受験生向けサイト

AIT×卒業生 社会で活躍するCREATORたち

愛工大を卒業し、それぞれの分野で活躍する先輩に今の仕事や大学時代についてインタビューしました。

中里 綾華さん

お客さまにより喜んでいただける
「マザーマシン」をつくりたい。

キャリアセンターのおかげで、
進むべき未来が明確になりました。

「工作機械」という機械をご存じですか? 一般の方の目にふれることはあまりないので、知らない方も多いと思います。金属などの素材を加工し、部品をつくる機械のことです。「マザーマシン(母なる機械)」とも呼ばれ、あらゆるものづくり産業に欠かせない重要な役割を果たしています。日本には世界トップクラスの工作機械メーカーが複数あり、オークマもその一社。技術力の高さに魅力を感じて志望しました。
実は、私も愛工大に入った当初は工作機械メーカーという業種があることを知りませんでした。学んだ内容を発揮できるこの仕事に就くことができたのは、キャリアセンターのみなさんのおかげ。どのような分野に進めばよいのかわからなかった私に親身にアドバイスしてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。

将来は海外駐在も経験し、
視野を広げたい。

現在は工作機械の設計業務と開発業務、両方を担当しています。設計業務は既存の製品を各お客さまに合った仕様にカスタマイズする仕事で、私は電気図面の作成や部品の手配を行っています。一方、開発業務は新たな製品を生み出す仕事で、機械構造やデザイン性も含めて検討を重ねています。入社2年目で幅広い経験を積むことができ、日々成長を実感しています。
将来は海外駐在も経験したいですね。大学院時代に学会発表のためにアメリカに行く機会があり、多彩な分野の方と交流して視野を広げることができました。今度はエンジニアとして海外で視野を広げ、お客さまにより喜んでいただける工作機械の設計・開発に活かしたいと考えています。

中里 綾華さん

オークマ株式会社 勤務

工学研究科 博士前期課程
電気電子工学専攻 2020年3月修了
愛知県立瀬戸西高等学校出身

電子工作が好きな祖父の影響を受け、小学生の頃からはんだごてを使って回路を組み、プラネタリウムをつくったりしていました。

江川 清太郎さん

安全・省エネな街づくりを提案できる力をつけていきたい。

議論の機会が豊富だったことが、
仕事に活きています。

NTTファシリティーズは、日本全国に張り巡らされた通信インフラを130年以上にわたって守り続けてきた会社です。その実績を通じて培った高度な技術力を活かし、NTTグループ以外のお客さまにも建築物・電力設備のコンサルティング、企画、設計、保守、維持管理など、一貫したサービスを提供しています。
私は法人営業として、お客さまに建物の保守工事、たとえば外灯のLED化やコロナ対策の空調設備などを提案する仕事に取り組んでいます。経営学部の授業は学生同士で議論する機会が多く、自分の考えを整理して話し、相手の考えをしっかりと聞く力を鍛えることができました。それが今、お客さまとのコミュニケーションに活きていると実感しています。

今も実践している、
先生からいただいた言葉。

心がけているのは、笑顔を絶やさないこと。原点には私の所属していた研究室の先生であり、野球部の部長でもあった服部洋兒教授の言葉があります。「江川君はいつも楽しそうにプレーしているな。その笑顔をずっと大切にするといいぞ」――先生がある試合の後にかけてくれたこの言葉がとても印象に残っていて、今、さまざまなお客さまを訪問する中で、笑顔が信頼関係を育むうえで大きな力になることを実感しています。
目標は「建築」「エネルギー」「ICT」に関する知識をもっと向上させて、単体の建物だけでなく、街づくりについても、防災や省エネルギーの面から提案できるようになることです。いつか母校の愛工大とその周囲の街づくりにも貢献できたら、という夢をもっています。

江川 清太郎さん

株式会社NTTファシリティーズ勤務

経営学部 経営学科
スポーツマネジメント専攻 2020年3月卒業
愛知県立豊橋工業高等学校(現 愛知県立豊橋工科高等学校)出身

大学時代は野球部に所属し、全国大会に出場。高校時代も甲子園出場経験があり、その話題でお客さまとの会話が弾むことも。

「質の高い就職」を、
全力でバックアップ。

「就職に強い大学」であることも、愛工大の大きな強みのひとつです。
その事実は、就職率をはじめとするさまざまなデータにも現れています。
キャリアセンターの職員と各学科・専攻の就職担当教員、そして各研究室の指導教員が連携し、
就職を希望する学生全員が「質の高い就職」を実現できるよう、きめ細かなサポートを行っています。

キャリアセンター事務長 大茂 真さん

キャリアセンター
事務長 大茂 真さん

2021年度 就職データ

実就職率※ (2021年3月卒業生) 97.4% 全国第2位
実就職率※ (2021年3月卒業生) 97.4% 全国第2位

*実大学通信 ONLINE(2021.07.21 公開)最新実就職ランキング(卒業生 1,000人以上)

※実就職率(%)=就職者数÷[卒業数-大学院進学数]×100

毎年、多くの企業に参加いただいている学内企業展

毎年、多くの企業に
参加いただいている学内企業展

この写真は、学内で開催された合同企業説明会のワンシーン。リクルートスーツ姿ではない学生がいるのは、1〜2年生も参加しているから。愛工大では早期から就職意識を高めてもらうために、就活生を対象とした業界研究会や企業研究セミナーに1〜2年生の参加を推奨しています。

就職活動をサポートするさまざまなプログラムを実施

就職活動をサポートするさまざまなプログラムを実施

なぜ愛工大は
就職に強いのか

企業からの高い評価

  • 求人社数
    (2022年3月卒業生)

    13,648社

    卒業生たちの社会での活躍が、愛工大の就職の強さにつながっています。愛工大卒業生には約69,000人のネットワークがあり、就職活動において心強い味方となります。また、本学後援組織である愛名会には、約1,100社の地元有力企業が加入しており、高い実就職率の基盤になっています。

  • 愛名会会員企業に
    入社した卒業生

    2019年度就職した愛工大生1,059人中 446人

    [ 愛名会とは ]

    愛名会は、中部財界の主要企業約1,100社が加入する、名古屋電気学園の後援会組織です。毎年、愛工大と共催で学内企業展を開催しています。

  • 就職後3年以内離職率

    愛名会会員企業に入社した愛工大卒業生の3年以内離職率 約10% 全国の大学生の3年以内離職率※ 32.8% ※出典:厚生労働省新規学卒就職者の離職状況(2017年3月卒業者の状況)

    ミスマッチのない就職ができるよう、きめ細やかにサポートしていることがこの数字につながっています。また、キャリアセンターでは、離職した卒業生の再就職も支援しています。

教員による熱心な就職指導

キャリアセンターと教員が緊密に連携し、学生一人ひとりの就職活動をサポートしていることも大きな特長です。それぞれの学科に就職専門委員、さらに各専攻に就職担当教員がおり、業界研究会や学内企業展にも教員が率先して参加しアドバイスを行っています。

キャリアセンターの充実

キャリアセンターでは多彩な就職支援プログラムを開講するとともに、
キャリアコンサルタント(国家資格)をもつスタッフ※が親身になって一人ひとりの学生の指導にあたっています。
※2021年度キャリアコンサルタント資格保有者7人

  • 資格取得支援

    キャリアデザインに沿ったスキルアップができるよう、資格取得を支援。多彩な資格対策講座を開講しています。

  • インターンシップ支援

    将来につながる有意義な就業体験ができるよう、業界研究フェアやビジネスマナーなどの準備講座を実施。低学年から徹底してサポートしています。

  • 学内企業展

    企業採用担当者と直接交流できる「学内企業展」を、さまざまな形で開催しています。出展企業の多さも大きな特長です。

    [ 学内企業展 参加企業数 ](2021年度) のべ1,061社 業界研究会などを含む

大学院生向け強化支援プログラム
(大学院進学者促進のためのプログラム)

就職活動において大学院生は、より質の高い企業研究や、自身の研究活動と志望動機の具体的な結びつけが求められます。そこで愛工大では採用コンサルタントの経験豊富な外部講師を迎え、「院生強化講座」を実施。キャリアセンターとのタッグにより、志望する進路への道を力強くきめ細やかにサポートします。

U・Iターン就職支援プロジェクト

東海地方のみならず、関西方面や長野県、北陸地方へのUターン就職に対し、担当者を配置して支援しています。各地域に出向いて交流した企業を学内に誘致して開催する「U・Iターン交流会」も毎年実施しています。
また長野県、三重県とはUターン就職協定も結んでおり、産学官での取り組みも進んでいます。

6Power

愛工大の学びを支える6つの力。

『創造と人間性』を教育モットーに、6つのPowerで学生の可能性を高め、
企業の第一線で活躍するエンジニア&クリエイターを育成しています。

AIT×SDGs