留学・短期研修体験記 国際交流

体験記のご紹介

東南大学学生代表団として中華人民共和国へ留学
  • 工学部建築学科4年
後藤 由子さん

価値観や物事の見方さえ変えた代表団参加。
この貴重な体験を活かしていきたい。

工学部建築学科 4年(2015年3月現在)
後藤 由子さん

このところニュースの多い中国を自分の目で見て判断したい、新しい建築物がどんどん建つ中国の情勢や文化を肌で感じたいと考え、第20回愛知工業大学の学生代表団の一員として中国を訪れました。私にとっては初めての海外でしたが、見るもの聞くもの全てが刺激的で、自分の価値観や物事の見方を大きく変えるきっかけとなり、心から参加できて良かったと感じています。
滞在中は東南大学の皆さんに大変お世話になり、コミュニケーションを深めることができました。
せっかくの経験を活かしたいと、帰国後は日本に留学している中国の学生との交流を続けています。また、これまで敬遠していた語学の勉強にも取り組み始めたほか、日本だけにとどまらず、海外でも仕事をしてみたいと夢も膨らんでいます。今後は、海外ボランティアなどにも積極的に参加して、学生のうちに視野を広げていきたいです。

東南大学中国語研修で中華人民共和国へ留学
  • 工学部電気学科電子情報工学専攻 3年(2015年1月現在)
五島 昻吏さん

現地スタッフのサポートがあり安心。
参加することでしか分からない世界があります。

工学部電気学科 3年(2015年3月現在)
五島 昻吏さん

海外に行く機会は学生のうちしかないと思ったのが短期留学に行くきっかけでした。
軽い動機故、行く前は不安になりましたが、行ってみると語学の講師の方が買い物時や道案内などの基本的且つ実用的な会話の仕方をちゃんと教えてくださり、その後、実践に移せるので、安心して海外を堪能できました。また、現地の方々とともに観光地巡りもしますので、思う存分その国を楽しめ、今では、今までの旅行で一番楽しかったと言い切れる程の旅行だったと感じています。
日本にいても海外の情報を得ることはできますが、実際に行ってみると知らない事だらけで、肌で日本との違いや国のありかたを感じ、自分自身で得た海外の情勢を知ることができたのは自分にとってとても貴重な経験でした。今後はこの経験をもとに世界の情勢と真摯に向き合っていきたいです。

語学研修でニュージーランドへ留学
  • 工学部電気学科電気工学専攻 2年
工藤 健太さん

海外の友人と過ごすことで感じた価値観や文化の違い。
ネイティブの英会話に触れ、刺激的な3週間でした。

工学部電気学科 2年(2015年3月現在)
工藤 健太さん

周りから刺激がなく平凡な大学生活に嫌気がさしていた自分にとって少しは刺激になるのではないかと思い、ニュージーランド語学研修に参加することに決めました。「現地で日本人と日本語で話して、ただの観光で3週間を終えてしまうのだったらお金の無駄」という思いから、現地へ行く2か月ぐらい前から、ネイティブ英語に慣れるため語学系雑誌を毎日音読しました。
全力で挑んだクラス分けの英会話面接を経て入ることになったクラスでは、周りのレベルの高さに圧倒され、初めの1週間は本当に辛かったです。ただ、2週目からは徐々に慣れてきて、3週目には様々な国から来た友達と少し話せるようになりました。夜は海外の友達とパブやスポーツバーへ行って話したり、一緒に行動することによって、国によっての価値観の違いや文化の違いを大きく感じました。この3週間は大変なことも多かったけれど、一日一日がとても刺激的で、本当にあっという間でした。またこのようなチャンスがあればぜひ活用したいと思います。
PAGE
TOP