センター長挨拶 エコ電力研究センター

エコ電力研究センター長挨拶

愛知工業大学エコ電力研究センターは平成18年度文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業-社会連携推進事業-に採択された研究課題「マイクログリッド導入による次世代型電力供給システムの開発」を実施するため、平成19年4月に設立されました。

本センターでは、産・官・学の連携によるプロジェクト「次世代型電力供給システムコンソシアム」を組織し、研究期間を平成22年度までの5年間として発足し、地球規模の環境問題、エネルギー問題の解決に向けた研究課題に取り組んできました。プロジェクト研究期間終了後の平成23年度以降は大学の附置研究センターとして継続されることになり、現在に至っています。

本センターのマイクログリッドは我が国最初にキャンパス内に構築された実証試験設備です。同設備は従来の交流給配電方式に加えて直流給配電方式を追加導入することにより、10年先を見据えたスマートグリッド電力供給システムとして直流給配電システムの導入可能性や新たな運用方法の開発を目標として研究を進めています。  2011年3月の東日本大震災以後、原子力発電所の停止により、太陽光や風力など再生可能エネルギーによる発電の大量導入されると、電力品質低下、電力の逆潮流、配電電圧上昇、周波数調整力不足などの多くの問題が生じることになります。このような状況において、本研究センターによる研究成果がエネルギー問題の克服ならびに環境と調和した循環社会の実現に対して、いささかなりとも貢献できれば幸いです。

今後とも、本センターは学内の他研究センターと共に大学の先端研究機関として、省エネ、CO2削減、電力の安定供給、高効率運用など、様々な問題の解決と教育研究に邁進し、社会貢献できるように、意欲的に取り組んでいく所存です。皆様方の更なるご支援、ご協力をお願い申し上げます。

愛知工業大学エコ電力研究センター長

雪田 和人

PAGE
TOP