研究室紹介

身体情報科学研究室

ヒトの発育について、独創的なテーマを追究。

ヒトのさまざまな器官・機能は、誕生から成人までの過程でどのように発育していくのか。それを示した「Scammonの発育曲線」を再検証し、「Fujimmonの発育曲線」として標準化することをめざしています。誰も成し得ていないテーマであり、確立されれば医学、教育学、健康・スポーツ科学など、幅広い分野での活用が期待できます。

経営学部 経営学科 藤井 勝紀 教授

専門分野は、発育発達、身体情報科学。「初経遅延評価システム」「身体の大型化とプチ進化の関連性」なども研究。

スポーツ経営論研究室

地域のサッカークラブで運営を実際に体験。

地域のスポーツチームにおいて実地研修を行うことが、当研究室の特長です。たとえばJリーグ加盟をめざす社会人サッカークラブ「FC刈谷」と連携し、学生がホームゲームの運営補助を体験。その後、試合会場での集客イベントを企画立案し、実際に学生自らの手で実行しました。知識だけでなく、社会で生きる実践力が身につく研究室です。

経営学部 経営学科 老平 崇了 講師

専門分野は、経営学、企業論、スポーツ経営論、医療・福祉経営論、経営戦略論。スポーツビジネスの社会的価値向上をめざす。

その他の研究室一覧

  • 公衆衛生学研究室

    公衆衛生学研究室

    公衆衛生学研究室

    運動は「ライフスキル」の形成にどう影響するか。

    詳細はこちら

    いじめや自殺などの痛ましい事件の報道が後を断ちません。対策として社会を生き抜く力を育む「ライフスキル教育」に注目が集まっています。その中で私たちはライフスキルの形成と運動の関係に焦点を当てて研究に取り組んでいます。運動習慣の有無や、個人競技と団体競技における違いなど、多彩な側面から分析しています。

    経営学部 経営学科 服部 洋兒 教授

    専門分野は、衛生学、学校保健。愛工大硬式野球部部長。ライフスキルの知識をもったプロ野球選手を輩出するのが夢。

  • スポーツ方法研究室

    スポーツ方法研究室

    スポーツ方法研究室

    あらゆる側面から競技力向上を分析。研究成果は必ず「現場」で確認。

    詳細はこちら

    ラグビーを中心に、チーム・個人の競技力向上についてフィジカル、スキル、メンタルなどあらゆる側面から分析・検討しています。特長は「現場」を大切にしていること。机上の空論にならないよう、研究成果は必ず練習や試合の現場で確かめるようにしています。勝つために計画を練り、実践する経験は、社会でも活きると確信しています。

    経営学部 経営学科 岡本 昌也 教授

    専門分野は、運動方法学、コーチング。愛工大ラグビー部監督。夢はラグビー部が大学選手権で優勝すること。

  • スポーツマネジメント専攻 スポーツ経営論研究室

    システム信頼性解析研究室

    スポーツマネジメント専攻 スポーツ経営論研究室

    よいモデル、美しいモデルを構築し数学的、科学的方法で問題を解決。

    詳細はこちら

    よいモデル、美しいモデルを構築し数学的、科学的方法で問題を解決。

    工場設備や情報通信機などのシステムを安全かつ効率よく運用するため、モデルを用いたシミュレーションであるオペレーションズ・リサーチを取り入れた研究がメイン。さらにスポーツで起こりうる問題に対してもこの手法を応用、発展させていきます。情報リテラシーを身につけながら、科学的に問題を解決する方法を学ぶことができます。

    経営学部 経営学科 水谷 聡志 准教授

    専門分野は、オペレーションズ・リサーチ、信頼性工学、経営数学。研究はスポーツ分野にも応用。

  • スポーツマネジメント専攻 スポーツ経営論研究室

    スポーツマネジメント専攻 スポーツ経営論研究室

    スポーツマネジメント専攻 スポーツ経営論研究室

    経営学の理論をベースに、スポーツ団体・組織の経営を考える。

    詳細はこちら

    スポーツにも経営のノウハウが求められる時代。

    日本でスポーツを対象にした研究といえば、スポーツ科学や体育学、教育学が中心で、スポーツ団体や組織を対象とした研究はまだまだ少ないのが現状です。
    しかし、スポーツの本場アメリカではスポーツ経営論の研究が進んでおり、日本でもスポーツ団体や組織に経営のノウハウが求められるようになってきました。
    当研究室がめざしているのも、経営学のなかにスポーツ経営論というジャンルを確立すること。
    この取り組みの一つとして、現在は経営情報システム専攻の経営戦略研究室と共同で、プロバスケットボールBリーグに所属するファイティングイーグルス名古屋の集客に関するプロジェクトを進めています。

    研究を通して、時代に適した経営判断を学ぶ。

    プロジェクトに取り組むためには、時代を知ることが必要です。このため、新聞記事からM&A、不祥事対応、少子化などの時代を映すキーワードを見つけ出し、それを読み解く学修を進めています。
    社会の変化を知り、経営・経済の真実を見抜くことで、スポーツ団体や組織、さらにはあらゆる経営体が、どのような目的で何をしているのかを全員で考えているのです。
    この学びによって身につけた知識を応用した例が、ファイティングイーグルス・プロジェクト。
    事前調査で他のスポーツに比べて観客の年齢層が高いことがわかったため、学生は集客と同時に自分たちと同世代の観客を増やすという目的を設定してイベントの企画に取り組んでいます。
    研究を通して身につけるのは、競争に勝ち抜いていくために必要な経営判断。社会で役立つスキルを持った人材が、この研究室で育っています。

    動画はこちら

  • スポーツ方法研究室

    スポーツ方法研究室

    スポーツ方法研究室

    戦法の解析や競技記録をより向上させるトレーニング方法の開発など、身体・心理の両面からアプローチし、スポーツを科学的に研究している。
    動画はこちら

  • 公衆衛生学研究室

    公衆衛生学研究室

    公衆衛生学研究室

    小学生から大学生までのいじめの問題にメスを入れ、ライフスキルと青少年の行動との関連性を考える。
    動画はこちら

  • システム信頼性解析研究室

    システム信頼性解析研究室

    システム信頼性解析研究室

    設備などのシステムの安全性・信頼性を分析し、効率的に運用する手法を研究。また、確率やシステム工学、情報処理などの技術を利用してスポーツや社会問題を分析する研究も行っている。

pagetop