スポーツマネジメント専攻 経営学科

スポーツマネジメント専攻
経営学とスポーツ科学を
複合的に学ぶ
オリンピックを中心としたメガ・スポーツイベントに注目が集まっています。しかし、スポーツビジネスの基盤が整っていない日本では、スポーツをマネジメントし、プロデュースできる人材の育成が急務となっています。大きく伸びる市場をリードし、スポーツ界を変える人材がここから生まれます。

スポーツマネジメント専攻の学びのポイント

  1. スポーツマネジメントを
    大学で学ぶという
    優位性を活かす。
    全国的に見ても、スポーツマネジメントを専攻にしている大学は多くありません。
    スポーツマネジメントはスポーツ関連企業の運営や地域活性化などに大変期待されている分野です。成熟が見込まれるスポーツ市場をリードするためにも、今はじめることが重要です。
  2. プロ野球、
    プロサッカーチームを
    支える人材も夢じゃない!
    卒業した先輩の就職先は多種多様。身につけたマネジメント能力は、様々な業界で活かせます。中にはプロ野球チームやゴルフクラブに就職した卒業生もいます。
  3. マネジメントはもちろん、
    スポーツを幅広く学ぶ。
    スポーツ関連企業の経営分析といったマネジメント分野はもちろん、スポーツが社会に与える影響やパソコンを使った戦術分析など、スポーツを様々な視点から学びます。

経営学を土台に、スポーツビジネスを学ぶ

身近な社会で見つける学びの魅力

スポーツイベントやスポーツチームの経営、また、生涯スポーツの取組みを成功に導くための知識と実践力を養います。
生涯スポーツ 高齢化社会における、人々の健康的な生活を支える生涯スポーツのありかたに注目が集まっています。
スポーツ施設 野球やサッカー、ハンドボールなど、スポーツイベントをビジネスにつなげることで活性化を目指します。

スポーツマネジメント専攻の内容

PAGE
TOP